中年男の奮闘記
家庭のため、子供のために仕事にがんばる中年男が 今まで感じたことの無い、若い頃と違う体調の変化や 体のガタを感じながら生きていく日記
プロフィール

イナッキー

Author:イナッキー
福岡在住で食べることが好き、特にラーメン大好きです。

でも、社会派のブログを目指してます。



最近の記事



地図で探すお店情報



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



タグリスト

福岡市中央区 長崎県 福岡市博多区 福岡県南部 福岡市南区 福岡市早良区 福岡市城南区 その他 佐賀県 福岡市西区 福岡県北部 福岡市東区 大分県 熊本県 山口県 京都府 兵庫県 福岡県中央区 鹿児島県 



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



RSSフィード



ブログ検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



勝手にリンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萩・津和野バスツワー
先日の土曜日、妻と二人で萩・津和野バスツワーへ行って来た。

s-萩・津和野出発IMG_1830

阪急交通社が企画したもので、博多駅を朝の7時20分に出発し、夜の8時半に到着する。

超弾丸日帰りツワー@6980円だ。

名付けて 萩・津和野超てんこ盛り日帰りスペシャルだ。

朝昼晩の三食付きで、昼食の蕎麦は食べ放題だ。

更に、りんご、りんごジュース、りんごパイの食べ放題と、15品目のお土産付き。

出発すると、直ぐに出された朝食は、メロンパンとオレンジジュース。



続きを読む
スポンサーサイト
下関散策
昼食が終わり、約束まで時間に、少しばかり時間が有ったので、下関散策を試みた。

関門海峡沿いに車を走らせ、関門橋の下をくぐり、少し走った辺りの海岸が何やら騒がしい。

下関みやげが欲しかったので、駐車場に車を入れる。

s-市場近くDSCF7160

門司もそうだが、下関もレトロなんだな。

s-食堂DSCF7162

おお~流石、ふぐの町。

s-市場近く2DSCF7175

宮本武蔵と佐々木小次郎が対決した巌流島ツアーか。

門司にも有るのだろうか?

s-市場外見DSCF7163

そして向かったのが、唐戸市場!    場所はここ

s-橋DSCF7165

海のほうを見ると、本州と九州を繋ぐ巨大な関門橋が見える。

s-市場内部DSCF7168

唐戸市場の中は、真ん中の部分が吹き抜けになっており、それを取り囲むように2階が有り

休憩所や食事の店がある。

s-市場内部2DSCF7174

辛子明太は福岡特産と思っていたが、ここ下関でも辛子明太の陳列が多い。

s-市場内部食堂DSCF7169

2階の食事のお店の中でも、 ”からと市場寿司” はすごい人気で、かなりの行列ができていた。

s-市場内部食堂行列DSCF7171

下関に行かれた時は、私みたいにラーメンじゃなく、からつ市場寿司も良いかもしれない。

ただし、並ぶのが嫌いな方は、来来亭へどうど





パオちゃんぽん速報第2弾

とあるAMPMでの写真!時間は2時40分頃!

順調な滑り出しだ。

s-パオ2弾DSCF7208



タウン情報誌にひるず亭が掲載されてた。

期間限定らしい。

s-ひるずDSCF7190

再び、来来亭へ
仕事の用事と、チョットした私用が有ったので山口県へ!

s-山口DSCF7145

現在、通称ニコクを走行中だ。

国道1号線が東京の日本橋から、大阪の梅田まで

国道2号線が大阪の梅田から、北九州市の門司まで、そして3号線は鹿児島まで続くのである。

前回、FC2の過失により写真を抹消された ”来来亭” へ向かった。   場所はここ

s-来来亭外見DSCF7146

ここの社員教育は徹底されてる。車が駐車場に入ると、店員が表に出て、出迎えてくれる。

なんと、今回はドアーまで開けてくれた。

s-来来亭メニュー2DSCF7150

この前、美味しかった 背脂しょうゆラーメン@550円を注文しようかな!

でも、あれほどの美味しさで、550円とは大手チェーン店の力なのだろうか?

s-来来亭メニューDSCF7149

なるほど、色んな組合せが出来るんだな。

s-来来亭メニュー3DSCF7151

しかも、味の調整も出来るのだ!

s-来来亭店内DSCF7157

なるほど、やはり本州に入ると、替玉文化が無くなるのだ。

だから九州で 『玉2つ~』 で、笑転げるお嬢さんがいるのだな。

s-来来亭DSCF7153

出て来たラーメンは背脂が一杯!

京都の九条ネギとチャーシュー、メンマが入っている。

s-来来亭2DSCF7154

麺は細麺で、カタ麺で注文。

麺のシコシコ感もたまらなく美味い。

s-来来亭3DSCF7156

そして、ナント言っても、このスープが最高なのだ。

マッタリとした濃厚醤油の、少しだけ甘みが有り、それでいてほど良い辛さが、たまらく美味しいのだ。

下関の続報、明日へと続く!




山口県へ日帰り出張
山口県からクレーム呼び出しが有った。到着が丁度お昼になりそうだ。

それではと、グーグルマップに行き先を入力し、付近を検索に ラーメン を入力。

リストの中から一軒一軒、調べていく。その中に ”来来亭” と言う大手チェーンのラーメン店が有った。

関西を中心に広い範囲で展開してる、大手ラーメンチェーン店だ。

しかし、九州には店舗が無い!

これは、食べるしかないだろう!

sーhasiDSCF6475

そして、いよいよ山口県へ。 手前が福岡、行く手が山口県、本州である。

sー来来亭外見DSCF6476

福岡から2時間かけて、来たんだから、ガッカリさせないでくれよと思いつつ、駐車場に車を入れる。

お店の写真を撮って、入店しようとすると、中から可愛い女性の従業員が、表まで出てきて

にこやかに 『いらっしゃいませ』 と出迎えてくれる。   場所はここ



お店に入って、入口近くのカウンターへ座ろうとすると

『ここは入口が開くたびに寒いですが、よろしいですか?』

と嬉しい心遣いだ。

sー来来亭メニューDSCF6478

基本は背油醤油ラーメン@550円のようだ。

sー来来亭メニュー2DSCF6479

注文は基本の背油醤油ラーメンと小ご飯を注文!

sー来来亭メニュー3DSCF6477

『麺の硬さはどうしましょうか?』
『麺は太麺ですか、細麺ですか?』
『細麺です』
『じゃーカタ麺で』
『それ以外はどうしますか?』
『あ~、色々と自分の好みに合わせられるんですね。初めてだから、普通でお願いします。』

sー来来亭店内DSCF6483

面白い事に、梅干がサービスで置いてある。

sー来来亭DSCF6480

これが出て来たラーメンだ。

表面が背油でいっぱいだ。

sー来来亭2DSCF6481

麺はストレートの細麺!

sー来来亭3DSCF6482

最初のスープを一口すする。

ガガガガ~~ン

まるで、雷が落ちたような衝撃が!

美味い、美味すぎる!


マッタリとした濃厚しょうゆ味が、私を夢の世界へ誘ってくれた。

このお店、福岡にも出来ないかな!




さて、あの中国の新型鶏インフルエンザは、やはり人から人への感染だった。

江蘇省南京市の父子が昨年相次いで鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染した事案について、「(家庭での)密接な接触によって感染した」と発表、人から人への感染だったと結論付けたことを明らかにした。(読売新聞)

あのサーズ(SARS)の恐怖が、街行く人のほとんどがマスクをしてた、あの恐怖がまた始まろうとしている。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。