FC2ブログ
中年男の奮闘記
家庭のため、子供のために仕事にがんばる中年男が 今まで感じたことの無い、若い頃と違う体調の変化や 体のガタを感じながら生きていく日記
プロフィール

イナッキー

Author:イナッキー
福岡在住で食べることが好き、特にラーメン大好きです。

でも、社会派のブログを目指してます。



最近の記事



地図で探すお店情報



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



タグリスト

福岡市中央区 長崎県 福岡市博多区 福岡県南部 福岡市南区 福岡市早良区 福岡市城南区 その他 佐賀県 福岡市西区 福岡県北部 福岡市東区 大分県 熊本県 山口県 京都府 兵庫県 福岡県中央区 鹿児島県 



カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



RSSフィード



ブログ検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



勝手にリンク

このブログをリンクに追加する



飲酒運転に関する悲惨な実話
いつまでも飲酒運転が無くならない!
今日は、昔にあった飲酒運転に関する怖い実話をお話しよう。

私が前の会社の福岡営業所にいた頃、大分営業所での話である。
何年か前、当時の大分の所長に会えた際、話を聞き鳥肌が立った。

福岡営業所の時、大分営業所の人が、飲酒ひき逃げ死亡事故
を起こし自殺した事は知っていたが、詳しい話は知らなかった。


その朝、いつまでも出社してこない彼に
『早く結婚しないといかんな~、またあいつ、寝坊してんだろう』
気にはなっていたが、忙しさで「明日になったら来るだろう」と先延ばしになった。

翌朝になっても出社して来ない。さすがに我慢の限界!
『**君、同じワンルームに住んでたよな!同僚でもあるし
チョット様子を見てきてくれや』

同僚の彼は、何度も何度もドアを叩いたが返事が無い。
諦めて帰ろうとして、念のためにと、郵便入れのふたを開け中を覗いた。
「うん~~、なんだあの赤いのは!」
目が慣れて、それが血だと判って腰を抜かしそうになった。
慌てて管理人を呼び、合鍵でドアを開けると

壁、天井、床、畳と
あらゆる所に飛び散った血が!



捜査が終わってからの警察の話だと
 会社の他の部門の同僚と飲んで、運転して帰る途中
 事故を起こし、怖くなって逃げた。
 その時点では、被害者はまだ死亡していなかった。
 この時、救助していれば道路交通法違反と業務上過失傷害でしかなかった。
 しかし、その後、被害者は死亡し、そのニュースを聞いて風呂場で手首を切った。
 所長:『でも、風呂場なのに、どうして部屋中が血だらけだったのですか?』
 警察:『心臓が血液を送り出します。当然、出た分が心臓に戻ってきますが
     それが戻って来ないと、心筋梗塞のように激しく苦しみます。
     それで、部屋中を転げ回って、血だらけになったのでしょう。』


テレビドラマで、風呂場で手首から血を流し、静かに死んでる
場面は、全くの嘘八百のようだ。

殺された人も、その家族も地獄だが
加害者の家族、親戚も地獄である。
もう、今まで住んでた所には住めないだろうし
大黒柱のお父さんも会社を辞めざるを得ないだろう。

どこかで見た標語が頭をよぎる!

飲んで乗るあなたは天国、家族は地獄

さらに、後日談
そのワンルームマンションの住民の、
まず両隣が出て行き、上下が出て行き、
さらに、さらに空き部屋が増えていった。
飲酒死亡ひき逃げ事件を犯したものを雇っていた会社は
血だらけの部屋の改装費用、空き部屋の営業保証

それから彼の同僚の**君が顔を引きつらせて言った。
『俺、もうあの部屋には住みたくないです。』
『俺、あいつの部屋に何度も遊びに行ってたのですけど』
『部屋の作りが全く同じなんですよ』
『あいつ、風呂場でやったんでしょう!』
『俺、頭洗うとき目がつぶれなくて!』
『こんな事言ったら笑われるかもしれませんが
 頭洗うとき、なんか---後に立ってる様で!』

以上です。
飲酒運転は、絶対に止めましょう。


スポンサーサイト



六本松の名店
もう今日から、ほとんどのお店が稼動し始めた。
でも心なしか車の量が少なめである。
そうか、考えてみれば1月8日は祭日。
会社によっては、年末から、8日まで休みの所だってあるのだろうな?

今日は、六本松の裏通りに有る《您好朋友》へ
場所はここ
20070104134724.jpg
店内は中国語が飛び交い、中国に旅行してるような
錯覚さえ覚える。テーブルに座ろうとしたのだが
『お一人サン、カウンター、座る、どうぞどうぞ』
----ううう~~写真、取ずらいな~~~----
でもここが特等席!目の前が厨房、いわゆるオープンキッチンである。
中国語で喋りながら鍋を振り、時々、炎が天井まで
届きそうになり、私は仰け反りそうになる。

クリックで拡大!
20070104140115.jpg

20070104140115.jpg
特製ラーメン@500円を注文!
特製ラーメンが有るからには普通ラーメンも有るはずと思ったが
いくらメニューを探しても な~~い??

20070104140936.jpg

20070104140944.jpg

あんかけ醤油ラーメン、白菜と鶏肉がアンにからまって旨い。
麺の太さも私にとってはちょうど良い。
支払の時、ふと上を見ると
王監督と店主が並んで写っている写真や
サインが並んでいた。
次は皿うどんに挑戦か?