中年男の奮闘記
家庭のため、子供のために仕事にがんばる中年男が 今まで感じたことの無い、若い頃と違う体調の変化や 体のガタを感じながら生きていく日記
プロフィール

イナッキー

Author:イナッキー
福岡在住で食べることが好き、特にラーメン大好きです。

でも、社会派のブログを目指してます。



最近の記事



地図で探すお店情報



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



タグリスト

福岡市中央区 長崎県 福岡市博多区 福岡県南部 福岡市南区 福岡市早良区 福岡市城南区 その他 佐賀県 福岡市西区 福岡県北部 福岡市東区 大分県 熊本県 山口県 京都府 兵庫県 福岡県中央区 鹿児島県 



カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



RSSフィード



ブログ検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



勝手にリンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランタンフェスティバル・パート2

さて、ホテルを出て、食事をするための割烹・ひぐちに到着するまで


ふらふらと寄り道をした。


20070228171256.jpg


このホテルは本当の洋食を出してくれた、本物の食事所だった。本当に残念である。


この事件 はまだ記憶に新しいと思うが、


その事を風化させないように、今でもこうして、お祈りをする人が絶えないそうだ。


20070228172008.jpg


20070228171959.jpg


・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・


さて、ランタンの灯りが照らす長崎の街は、活気にあふれていた。


20070228172315.jpg


昼と夜の違いである。


20070227213238.jpg
20070228172800.jpg


とにかく、人がいっぱい!人がいっぱいでも


私はただ一人、話し相手も無く一人町をさまよう!


どんなお祭りでも、やはり一人は寂しい!どうしたものかな~~


そこで、結局、行き着く先は


20070228172649.jpg


話し相手を求めて、夜の思案橋へ


そして、いくら払ったか、どうやってホテルに着いたか覚えてない。


 


スポンサーサイト
ランタンフェスティバル


長崎で大きな物件を契約したが、これから毎月、宿泊する事になった。


今まで、日帰りだったが、これからは月に一度、 鬼の居ぬ間に洗濯 なのだ。


昨日は、たまたまランタンフェスティバルだった。


お昼に見る光景と180度違う世界が広がっていた。


よ~し、先ずは飯だ。自宅と違って、少々多めのアルコールを摂取するか。


20070227204326.jpg


割烹・ひぐち 場所はここ 


先ずはビール、いや~仕事が終わった後のビールは美味いね~~。


20070227205255.jpg


つまみは、あんきも、これが最高。ポン酢ともみじおろしでいただくのだ。


20070227205419.jpg


次は、てんぷら!てんつゆと大根おろしでうまい!


20070227205727.jpg


こうなったら、止まらない!


20070227205303.jpg


お酒もいいね!


20070227210017.jpg


さ~~て、そろそろ夜の町をうろつくか!


20070227211257.jpg


 20070227211247.jpg


さらに中華街では


20070227211218.jpg



20070227213238.jpg
まさに、光の洪水、人人の波である。


今日はもう寝るので、また明日をお楽しみに




めんちゃんこ亭へ

いや~悩んでる。色々と解説書を見たが解らない。


タダでさえ解らないのに、専門用語がさらに難解にさせる。


実は、グーグルのマップを利用して、ラーメンマップを作り


それにコメントや写真を入れて行きたいのだが、あまりにもハードルが高すぎるのか?


例えば ぎゃらんてぃさん のような物が出来ると、仕事にも活用できると思ってる。


今、グーグルマップやマップエディターと格闘している。


完成の暁には、今までの訪問店の全てをマップに載せてお見せしたい。


いやはや麺目ない のキャーンぺーンに参加しようかと思ったが


残念ながら日曜日!


そこで、めんちゃんこ亭、長丘店へ!   場所はここ


20070225171600.jpg


今まで気づかなかったが、玄関に展示してある。と言うことはN.Y.にも支店が有るのか。


20070225171615.jpg


国内では、百道、六本松、福重、中洲、長丘と福岡市内で5拠点、


長崎の佐世保に1店、九州ばかりで、そのほとんどが福岡なのだが


な、なんとアメリカに3拠点も有るのだ。


ニューヨークに2店、ハワイに1店だ!福岡発の世界のめんちゃんこ亭なのだ。


20070225171608.jpg


注文は、普通のめんちゃんこ、ただし餅ぬき+ご飯を注文。


20070225171621.jpg


やはり、世界のめんちゃんこは旨い。


でも上の写真は、なんか味噌のように写ってる。


もう少し、写真の写し方も勉強しなくっちゃ!


六本松シリーズ

国道202号を六本松から天神方面へ進むと


六本松大通のバス停があり、そのバス停から少し戻り


セブンイレブンから右に入ると、そのお店がある。


20070224131139.jpg


この見本を見て、前から入ってみたかったお店である。


20070224131133.jpg


九大生のためのワンコインランチなのか?  場所はここ←クリックすると地図が出ます


20070224131126.jpg


ご覧のように、500円のメニューがずらりと並ぶ。カレーは350円である。


20070224131119.jpg


支那そばとは、醤油ラーメンのことか?


色々悩んだが、ソースカツ丼なるものをまだ食べた事が無い。よ~し注文!


20070224131112.jpg


甘辛いソースと、しんなりしたキャベツで美味しかったが


初めてのソースカツ丼は、私にとっては少し甘かった。


 


長崎にて

今日は、長崎へ仕事で!


ランタンフェスティバルの賑やかな街に変貌している。


私は、くしゃみをこらえながら、麺を求めてさまようのであつた。


20070223201041.jpg


やって来たのは なんしゃく魂 場所はここ ←クリックすると地図を表示します


20070223201754.jpg


4~5年前よりもやや高くなってる。あ~あ~~ここも流行のマー油か!


あるあるで踊らされるはずである。ネコも杓子もマー油、マー油!


20070223202904.jpg


まーまー美味しい、まさしく長崎で食べれる博多ラーメンである。


20070223203158.jpg


麺も細麺、チャシュウーも柔らかい、ネギも美味しい。


20070223203205.jpg


ドンブリの中のこの文字 まるよし とは この まるよし か?


そう言えば、4~5年前の店主とは違う人がいたし


外装も改装されてる。


つまり、まるよしグループに買収された?


又は、今までの店が経営不振で、まるよしに身売りした?


商売は大変である。


自転車操業とはよく言ったものである。


漕ぎ続けなければ倒れる。  自営業は大変である。


 


どっちに行こうか

国道202を西に!室見川を渡り、早良区から西区へ入る。


そろそろ腹減ったな~~!Oh もうすぐ12時、どこに行くか?


そうだ、福重の交差点を越えると、横綱、とかめんちゃんこ、とか有るではないか!


横綱ラーメンと隣同士で長浜ラーメン福重屋が有る。よ~~し、純豚骨だ!


20070222190908.jpg


ここは、やや豚骨臭があるが、やはり旨い!


20070222190915.jpg


麺は細めで、固めんで頼むとシャキシャキと旨い!


テーブルには辛子高菜がラーメンライスの良い友達である。


やはり、博多の豚骨ラーメンは美味いな~~~


花粉が憎い

この数日、何万回、くしゃみをしただろう?


何千回、鼻をかんだだろう?何百回、目をこすっただろう?


見えない花粉の雨が降り注いでいる。


春を満喫するように、風に吹かれてる奴が憎い。


爽快に自転車を漕いでる奴が憎い。


杉でくしゃみが出て、ヒノキで目が猛烈に痒くなる。


あ~~花粉が憎い!だれか花粉を吸着するアスファルトを作ってくれ!


花粉て何?!!て言う顔してるあなた!用心した方が良いよ!


人はそれぞれ、ある大きさのコップを持っていて


ある日、突然、そのコップからアレルギーの素があふれ出したときが発症となる。


そのコップが大きいか小さいかで、発病の時期が決まる。


だから、自分は花粉症とは無関係と思わず、出来るだけ花粉を


吸わないようにし、発症の時期を遅らせたほうが良いのだ。


夕陽の沈む海に向かって叫びたい


     花粉のバカヤロー


 


さて、今日は へのさん の気になったお店へ!


20070222180447.jpg


天神から日赤通りを南下して、九州中央病院を過ぎ、


右が大橋駅の行き止まりの交差点を左折すると、右手にある。


20070222181434.jpg


店内は14~5人ほどで一杯になる。  


20070222181512.jpg


20070222181504.jpg


確かにメニューは、ラーメンと小ラーメンとランチのみ!


白河ラーメンって結構、有名 なもので、 ここ と関係有るのかな???


20070222181457.jpg




醤油にホウレンソウ、キクラゲ、シナチク、そして


20070222181442.jpg


この鳴門!!醤油には、この ナルトが無いと本物ではない。


20070222181450.jpg


気が付いたら、ドンブリは空になってた。


大牟田にて

営業で大牟田に差し掛かったら、お昼になった。


大牟田で美味しい所は、ほとんど知らない。


そこで、リンガーハットへ!


20070220192829.jpg


お手軽チャンポンセット@680円を注文。


チャンポンと餃子×3個+おにぎり×1個のセットである。


20070220192838.jpg


20070220192853.jpg


そしてチャンポンにはラー油をたっぷりとかける。


20070220192846.jpg


どの店でも、統一された安心の美味しさです。


柳橋連合市場

グリーンジャンボ宝くじが発売された。


今年は幸先良く、年賀状のお年玉の2等が当たった。



20070115191020.jpg  20070115191010.jpg
そんな訳で、今年は全ての宝くじを買うと、新年の誓いをたて、


第一弾で、グリーンジャンボを天神で購入した。


20070219192115.jpg

そろそろお昼!じゃ~ なにか近くで食べよう。


やって来たのは、柳橋連合市場!



20070219192657.jpg

この店内にメニューが貼ってある。


20070219192650.jpg

メニューが貼ってある1階で、支払を済ませて、細い階段を2階へと上がる。


20070219192702.jpg


2階へ上がると意外と広く、25名ほどの収容能力が有り、


写真のように、家庭のキッチンを思わせるような所で、味噌汁を作ってる。


20070219192644.jpg


まぐろ丼@650円を注文!味噌汁と漬物が付いた。


貧乏性の私は、一切れのまぐろでガツガツと飯を食べた為


最後は、まぐろがあまった。それほど、まぐろが多く


隣の客は、まぐろでビールを飲んで、それから飯を食っても


充分、マグロ丼なのだ。


バスで行って、ビールを楽しむのも、また良いかもしれない。


 


あれ~~この蕎麦屋は


大池通りを、東に進んでると、右手に何か見たような看板が!


S  O  B  A  彦  ??


どこかで見たような。何処だったかな~


そうだ、三瀬村だ!!


20061102205649.jpg
三瀬に有る蕎麦屋の彦ではないか!


20070219183919.jpg


場所はこのあたり よ~し、仕事を済ませて戻ってくるからな、待っていろよ!


バット、ゼン(but  then)略してバッテン、仕事が長引き、結局食べれなかった 。


次、行くチャンスを待ってるぞ。


さすが世界一の一風堂

昨日の夜、息子が ≪大地のうどん、行ったことが無いので行きたい≫


との事で、すっかりうどんモードになっていたが、11時頃に起きてきた息子が


『今日は、やっぱ行かない』!!


それじゃ~ HENOさんの辞書 で探して めん処かずもり を探して行く事に!


裏通りの細い道を、あっちでもない、こっちでもないと行く!!


ところが、一方通行、一方通行、右折禁止、左折禁止の連続で


同じ所をグルグルとまわり、20分で、あきらめて城南線を西進する。


『まいったな~、どこに行こうか?』と妻に尋ねながら、右手を見ると


一風堂・薬院店が手招きしているではないか! 場所はここ


20070218140843.jpg


我々が入って2~3分もすると、『2名様、お待ちです』・『3名様、お待ちです』との声が!


20070218140831.jpg


ランチタイムはお得なメニューがあり、ラーメン+100円で


お替り自由なごはんと、餃子が付く。


20070218140837.jpg


私は、赤丸@700円を、妻は白丸@600円を注文!



20070218145528.jpg   20070218145521.jpg


卓上には、紅生姜、辛子高菜、辛子もやし、にんにくのサービスまである。


20070218140849.jpg

これが、赤丸。黒いのはマー油のようだが、それほど強調されてなく、調和のとれた味である。


20070218140911.jpg

あっさり白丸!こちらがスタンダードだ。これを頼めば良かった。


20070218140918.jpg


でも、両者とも非常においしかった。


さすが世界の一風堂である。


麺が短くて食べやすい工夫をしてある。


他店では、早く食べさせたいとの気遣いからか


替玉がハリガネになることが多いが、ここは好みの硬さで来る。


豚骨臭がほとんど無く、塩辛くなく、私は世界一だと思う。


継続は力なり

あの拉致被害者の、横田めぐみさんが歌になった。


それもアメリカの超有名フォークソング歌手グループの


ピーター・ポール&マリーによって作詞・作曲・CD化され


SONG FOR MEGUMIの題名で、21日に発売されるとの事。


ピーター・ポール&マリーはPPMと言われ、『花はどこへ行った』や代表作の『パフ』など


私の青春時代に心に刻まれた、グループの一つである。


これにより、北朝鮮による拉致の認知度が、アメリカでも高まって欲しいものである。


いずれにしても、訴え続ける事、やり続ける事の継続が、


今まさに認められ始めているのだ。


何事も信念を持って事に当たる事のすごさを教わったような気がする。


さて昨日の夜は妻と二人で外食に!


20070217162257.jpg


前回、来た時に、ラーメンだけじゃなく、色々なメニューが有ることを知り、再訪問となった。


    20070217162839.jpg


ラーメンも良いけど、先ずは一杯!


20070217163154.jpg


そうそう、おつまみが要るな!


20070217162832.jpg


20070217163309.jpg


20070217163316.jpg


これが美味しかった。ウインナーとポテトに明太をからませてある一品!う~~もう一杯


20070217163154.jpg


最後は、定食とラーメンで〆!


20070217163648.jpg


20070217163658.jpg


たまには、夜の外食も良いものである。


 


広東麺がうまい

堤のインターの手前から桧原方面へと、右折しナフコを通り過ぎ目的地へ


中華そば・永楽  場所はここ


20070216185804.jpg


お父さんとお母さんの二人でやってる為、作るのに割りと時間がかかる。


でも、長く待っても、この美味しさには勝てない。


20070216185812.jpg


いわゆる、街の中華屋さんで、値段も適切!味も適切!


広東メン@550円を注文!


20070216185819.jpg


どうだろう!このとろみ!!


20070216185826.jpg


麺はちじれ麺!このちじれ麺とあんかけのとろみを啜るとたまらない。


駐車場も、少し離れた所に有るので、遠い所からでも


食べる価値が有ると思う。


パン屋のチャンポン


なんか~~チャンポン食いたいな!


フラフラと福岡市内を営業しながら、どこで食べようかな?と考えながら車を走らせる。


博多駅周辺の混雑を抜け、筑紫通りを、春日に向けて南下する。


しばらく行くと、福一ラーメン・達磨ラーメン・一心亭などが建ち並ぶ。


近くに青果市場が有るためか?


博多駅から南下した、右側の、達磨ラーメンの向かい側にタケシタベイカリーがある。


20070214191458.jpg


このパン屋さんに有る食堂のチャンポンが人気との事。


20070214191823.jpg


駐車場はわりと広く、車でもO.Kである。  場所はここ


20070214192639.jpg


20070214192745.jpg
20070214192708.jpg
20070214192702.jpg


日替わり定食や、麺類、ご飯物もあり、充実したメニューである。


なんと、チャンポンが@480円!!!勿論,注文はチャンポン!


20070214192647.jpg


大変、美味しかった!


しか~~し、最初からコショウが振ってある。


おいおい!コショウを振るかどうかは、食べる客にまかせろよ!


テーブルの上にもコショウが有るではないか!


コショウを振ったほうが美味しいよと言いたいのは解るが


コショウを振るかどうかの選択の楽しさまでも、奪わないで!


 


大力うどんへ

ある程度の年齢になると、色々な所にガタが来る。


その一つが四十肩、五十肩だろう。


私も、何年か前、突然、右腕が上がらなくなった。


と言うか、上げようとすると激痛が走る。


駐車場に入る時に駐車券を取る時の動作が、最も激痛が走る。


駐車券を取るのに3分ぐらいかかる。いやホントに!


その時はあまりの激痛に、寝返りしても、飛び上がるほど痛んだ為


南区に有るペインクリニック 楳木(うめき)医院 へ


注射一本で完治したのには驚いた。


その後、反対の左肩が痛み出した。


今度は、ジクジクと!医者に行くほどの痛みじゃないため


ほっといたが、今日、痛みが無くなってるのに気づいた。


四十肩は自然に治るとは、本当だったのだ。


 


今日は、大牟田方面に営業!


20070213204737.jpg


大力茶屋・通称、大力うどんへ!    場所はここ


ここは、筑後では、安くて、旨い店で有名である。


20070213204731.jpg


その秘密が、この価格である。


店内は、常にお客で一杯である。


たぬきうどん@220円を注文。


20070213204723.jpg


わりと太めの麺が、ツルツルと喉越しが良く美味しかった。


又来ます。


六本松シリーズ

3連休はいい天気に恵まれて、行楽地はホクホクなのではないだろうか?


20070212144436.jpg


折りしも、梅が咲き、私も散歩気分で、悠翔樹へ


実は、HENO HENOを見て、チャンポンを食べたくなり


いやはや麺目ないでは、キャンペーンを再開するとの事


ダイエー笹丘の店内をウロウロし開店の11:30を待ったのだが


20070212145703.jpg


アイタ~~、よし、じゃ~六本松まで歩いて、日頃の運動不足を解消するか。


20070212150423.jpg


やって来たのが、六本松バス停の目の前に有る  壱屋  場所はここ


兎に角、ラーメンの種類が多い店である。


20070212150415.jpg


豚骨、こく豚骨、豚骨醤油、こく豚骨醤油、中華そば、坦々麺、みそ、みそ豚骨


その他にも、トッピングやざるラーメン、焼餃子、ゆで餃子


これだけのモノを、夫婦(多分) 二人でこなしている。


20070212150400.jpg


さらに、ごはん類も色々と考案されている。


20070212150407.jpg


更に更に、替玉までもが、ストレートとちじれ麺がある。


20070212150350.jpg

私は、豚骨しょうゆラーメン・@550円とおにぎり@120円を注文。


20070212150308.jpg


麺はやや細麺


20070212150301.jpg


テーブルに置かれてる、辛子味噌を入れると、美味しさがきわだった。


それにしても、一緒に頼んだおにぎりは、何をイメージしてるのだろうか?


これは店主の洒落っ気なのか?


20070212150315.jpg


ゆきみ屋へ

妻が言うには、今日は塩ラーメンの気分とか。


昨日、テレビを見てたら、神のお告げが有ったとのコト!


そこで、ゆきみ屋へ。  場所はここ


豚骨王国の福岡では珍しい、塩と醤油のみのお店である。


20070211164006.jpg


早良街道の野芥の信号から、曲がり、川浪病院を左に見て


都市高速の工事中の外環状線を東に進み、福大トンネル手前を


右折すると、左側に見えてくる。


昔は、駐車場が少なかったが、今は、7台ほどの駐車場が有り、安心である。


20070211164000.jpg


替玉なし と追記されてるのは、美味しくて替玉をする人が多いからか?


20070211163954.jpg


お得なセットメニューも有る!


我々は、塩ラーメンを注文。


20070211163946.jpg


チャーシュウ、シナチク、もやし、そして大判ののり!


特筆すべきは、チャーシュウのやわらかさである。


20070211163939.jpg


麺は札幌系のチジレ麺。スープを飲み干す勢いの美味しさであった。


ただし、残念なことに、禁煙でないことだ!


ラーメンを待つ間、カウンターの隣りでタバコを吸われ


よほど、席を替わろうかと思ったが、満席状態。


ランチタイム禁煙とか、せめて、カウンターのみでも禁煙にして欲しい。


六本松の名店パート2

アメリカで今の話題はアンナ・ニコル・スミスさんのニュースだろう。


彼女は元モデルで、当時89歳の大富豪と結婚し、一年後には


その大富豪が死亡し、何百億もの遺産相続権を得たのだが


前妻との間に生まれた、子供と、相続をめぐり裁判中だった。


ところが、その子供が死に、さらに彼女も謎の死を遂げた。


♪♪♪♭ 謎が謎呼ぶ不思議な事件 ♪♪♪♪


 


さーて今日は、六本松にある、洋食の名店 ー むつの木 ー へ


場所はここ


ランチタイムのメニューは


20070210150802.jpg


日替わりランチが、ご飯、サラダ、スープが付いて@630円と安心価格!


早速、日替わりランチを注文!


『ご飯の大盛りサービスもしていますが、いかが致しましょうか?』


この辺が長年の人気店の秘密なのか!


20070210150836.jpg


ご飯が先に来た。大盛りを頼まなくて良かった。普通でこの量である。


20070210151120.jpg
 


チキンのグリルと、フライが2点!


20070210150844.jpg


これで、630円!!さらに大盛りサービス!!


20070210150850.jpg


ソースをたっぷり付けたチキンが大変、美味しかった。


店を出て、駐車場に向かってると


20070210150910.jpg


またもや、美味しそうなお店を発見!次の六本松は、この店だ!


懐かしのさつまラーメン

柳橋連合市場の近くの仕事で100Pに駐車。


ついでだから、この近くで食事をと考えて、出てきた答えは


博多だるま!この店は昔、酔っ払った時に食べたことが有るが


どんな味かまったく覚えていない。言わば初めてと同じである。


渡辺通りから一つ外れた道を、サンセルコを左に見ながら進む。


お~~~なつかしい看板を発見!


20070209191940.jpg


さつまラーメンなのだ!福岡に来たばかりの頃、会社の近くに


さつまラーメンがあり、毎日のように食べたものだ!  場所はこのあたり


20070209193829.jpg


他のも色々なメニューが有る。


20070209193838.jpg


味噌ラーメンの大盛りを注文。


20070209193856.jpg
一口スープを吸うと、やっぱりあの頃の味と同じ!


懐かしい美味しさが私を襲う!


20070209193902.jpg
この麺はいかがですか?


味噌と言えば、どこも、あの札幌系の太いチジレ麺だが


ここの麺はストレートな細麺である。


まさに、中州の王餃子の醤油ラーメンの麺である。


店主の気遣いが良かった。


一人の客の携帯が鳴り出すと、テレビの音量を


店主が消す。気を使ってるな~~。まあ、客が二人だけだったから


そんなことが出来るのだろう。


20070209193846.jpg


このサインが誰のかお解りだろうか?


長渕 剛である。


店主に聞くと『いや~時々いらっしゃるんですよ』


ええ~~~、あの長渕剛が、なにもこんな汚い(すいません)店に来なくても??


そう言われれば、店内は彼の写真が処狭しと貼ってある。


人は見た目ではないと言うが、


え~~なんであんな有名な芸能人が????


すっきりしない一日であつた。


鳴門うどんへ

那珂川から筑後方面へ車を走らせながら考える。


まだ2月と言うのに、17度?ホントに2月?


ウインドウからの日差しが暑い!


冷房のスイッチに手が伸びるが、待て待て、窓を開ければ良いではないか。


世界各地での異常気象が続発している。


2,3日前の新聞では、みかんが九州では取れなくなり


東北地方が主な生産地となり、リンゴは北海道でしか育たない


時代がすぐそこだとの事!


私の孫が成人する頃は、まさに映画のウォターワールドになっているのでは?



そんな事を考えながら、車を走らせてると、目の前に 鳴門うどんが


時計を見ると、ちょうどお昼!     場所はここ


20070207193620.jpg


ここは、一杯の値段で1~3玉まで食べれる。


20070207193546.jpg
さらに細かいサービスが


20070207193650.jpg
1.5玉とか2.5玉も対応してくれる


20070207193627.jpg

20070207193644.jpg


カツ丼+ザルそば@630円を注文


20070207193712.jpg


麺はシコシコしていて美味しかった。


でも、カツ丼のたまごが加熱しすぎ


もう少し、たまごのトロミを残しておいて欲しかった。


値段の割りに、この量は大満足だった。


20070207193718.jpg

会計を済ませると、こんなサービス券が!


そこまでサービスするの?


いったい、原価はいくらなんだ!!!


長崎にてパート2

長崎港は、私の小さな頃に遊んでた面影は、全く無い。


再開発され、出島ワーフとして生まれ変わった。


出島ワーフとは、福岡で言うと、ベイサイドプレイスにようなものだ。


20070206212818.jpg


暖かい日は、オープンテラスで、海を眺めながらお茶を飲んだり食事をしたり


結構良い雰囲気である。  場所はここ


その中の一つの店に Attic へ



20070206213830.jpg  クリックで拡大します


日替わりランチが、魚フライのトルコライスで@550円を注文


そもそも、トルコライスとは、ドライカレー等の炒めたご飯の上にトンカツが乗り


横にケチャップのスパゲッティが付いているのだが


最近では、トンカツがハンバーグや魚フライ、その他諸々と変化している。


20070206212839.jpg

さすがに、550円はチト量が少なかった。女性にはちょうど良いかも。


20070206212802.jpg

でもこんな景色を見ながらする食事はいいものである。


長崎のいつもの店

仕事の関係で、長崎に宿泊した。


またいつもの永楽苑へ  場所はここ


20070206210515.jpg


皿うどんを注文するが、その際必ず聞かれるのは


『太麺ですか、細麺ですか?』チャンポン麺かバリバリ麺かである。


福岡でラーメンを注文したら『麺の固さは?』と聞かれるのと同じである。


20070206210728.jpg



長崎の皿うどんはかなり甘めで、一般的にソースを入れて食べる。


しかし、ここのは、ちょうど良い按配でそのままでかなり旨い。


20070206210736.jpg


ご覧のようにチャンポン麺でボリュームが有り、美味しかった。


長崎にて

大きな物件が決まったのは良いが、泊り込みの作業や


最終の点検が続く。今回で泊り込みは、終わりの予定だ。


今回は、初めての夜の食事のレポートだ。


長崎の昔からの有名ラーメン店と言えば 三八ラーメンだろう。


これがまた豚骨臭ガンガンで、洒落た服装に時なんか


近くも通りたくないほどの臭いを振りまいている。


女性客が入ってところは見たことが無い。


私も長崎に住んでた若かりし頃は、これが当たり前だと思っていた。


ところがところが、福岡のラーメンは美味しいこと美味しいこと!


一部、臭いのキツイ店も有るが、ほとんどが、ほどよい豚骨臭で


まさに、洗練された食べ物である。


ちなみに、妻も福岡に来てからラーメンが好きになったとのコト。


 


さて、その長崎で評判の  まるよし  へ入店


20070204103953.jpg


場所はここ 


ランチタイムは、替玉かおにぎり1個をサービスとの事。


店内は、ほとんどと言っていいほど豚骨臭はしない!


ラーメン固めん@500円を注文。


20070204103947.jpg


まさに、博多ラーメン!!


20070204103940.jpg


でも、なにか違う!しこたま飲んだ後だったから、良く覚えてないが


麺の感触が違ったような、そうで無かったような。


しかし、これなら安心して女性も食べれると思う!


 


長浜将軍らしくない

暖かな日曜日、妻と一緒に近くのレストランへ歩いて行く事に。


歩くと言っても15~20分の距離で、しっかり歩いた感がある。


やっと着いた目的のYASUKAWAは、なんと閉店していた。残念!


そこで、すぐ近くの長浜将軍へ!   場所はここ


レストランの洋食から、ラーメンへの180度の変更にしばし絶句!


20070204141408.jpg


店内は間接照明がほの暗く、かすかな音量で洋楽が流れ


夜はオシャレな居酒屋風で、カップルや女性をターゲットにしてる店である。


20070204141911.jpg


この辛子高菜は他の店の10倍は有ろうかと言う、地獄高菜だった。


20070204142210.jpg

ラーメン@420円は安い。他にも色んなセットメニューが


20070204142233.jpg


おやおや、ラーメン屋と思っていたら、定食も有るではないか。


おやおや、各種定食に@210円でお刺身が付いてくる。


てな訳で、私は、塩さば御膳、妻は、ラーメンを注文。


店員が、注文を取り終わり


『お魚を焼く時間がかかりますが、ラーメンをお出しするのは、定食と合せますか?』


すかさずラーメンを頼んだ妻が 『いえ、出来た方から持ってきてください』


若い頃だったら、『一緒にお願いします』と言っただろうな?


と考えながら、妻がラーメンを啜るのを見て、思わず含み笑いをしてしまった。


20070204143026.jpg


20070204143032.jpg


さすがに豚骨スープを作るお店だけに、この豚汁は美味しかっただだよ。


豆まきの思い出

今日は節句の豆まき。その豆まきには、子供の頃の強烈な思い出がある。


その頃、自宅は、商売をしておりやや裕福だったと今になって思う。


その為だったのか、豆まきの豆の中に小銭を混ぜてまいていた。


その時ばかりは、家族全員必死になっていた。


そして私も父親になり、あの時の興奮を子供にも伝えたい衝動に襲われるようになった。


そこで当時の中年男は考えた。我が家は小銭をまくほど裕福じゃない。


それじゃ~子供もまだ小さいし、小銭の換わりに、お菓子を混ぜようと考えた!


最初の年は、豆とお菓子(一つ一つビニール袋に入った奴)をまいた。


みんなに大うけだった。しかし豆は誰も取らず、無残に踏み付けられ


後の掃除が大変だった。てな訳で2年目からは、小袋に入ったお菓子のみになった。


はるか昔の、豆まきの思い出である。



さて今日は、油山観光道路を南下し、堤のインターを過ぎ


油山のマルキョウ前で、目を引く看板を見つけた。


20070203154807.jpg


え!!こんな所にラーメン屋が!!     場所はここ


20070203154755.jpg


葦屋- それにしてもラーメン@390円とは、早速、入ってみるズラ


店内は、広く、まさに居酒屋で、夜はかなり繁盛してるのか、


キープのボトルがズラリと並んでいる。


20070203155335.jpg クリックで大きくなります


最初に目を引いたのは、ラーメン+ご飯で 500円


即座に、このワンコインランチを注文!


20070203155343.jpg クリックで大きくなります


他にも色々と有り、特に定食などもたくさんある。ラーメンは片手間なのか?


20070203160015.jpg


ご飯はかなりな量であるが、残念なことに、辛子高菜が無かった!残念無念


20070203160024.jpg

20070203160031.jpg


細麺で麺の固さも、私好みの固めん!又来ます~


 


 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。