FC2ブログ
中年男の奮闘記
家庭のため、子供のために仕事にがんばる中年男が 今まで感じたことの無い、若い頃と違う体調の変化や 体のガタを感じながら生きていく日記
プロフィール

イナッキー

Author:イナッキー
福岡在住で食べることが好き、特にラーメン大好きです。

でも、社会派のブログを目指してます。



最近の記事



地図で探すお店情報



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



タグリスト

福岡市中央区 長崎県 福岡市博多区 福岡県南部 福岡市南区 福岡市早良区 福岡市城南区 その他 佐賀県 福岡市西区 福岡県北部 福岡市東区 大分県 熊本県 山口県 京都府 兵庫県 福岡県中央区 鹿児島県 



カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



RSSフィード



ブログ検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



勝手にリンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎に帰郷・2日目
長崎の帰郷2日目にして、福岡に帰る事にした。

どうもインターネットの無い環境は我慢ならないようだ。

それにしても、老いは悲しいものだ。

90歳近くになった母が奇妙な事を言い出した。

『主人が福岡に行ってるとよ。もう1週間になるとよ』

父はすでに10年ほど前に他界している。その事を忘れているんだ。

『父ちゃんはもう死んだとよ』と言うと『え~ホントね』と驚くが

また1時間後には同じ事を言い出す。だいぶボケたな。

でも下の処理は自分で出来るから、良い方だろうか!

人間、誰しもやがてそうなるのだ!悲しいね~



このマンションは我が家の近くに有る、長崎の土地の高さを物語る建物だ。

20070816203041.jpg
 
解って頂けるだろうか? 山の斜面にまるで段々畑のように建てられたマンションである。

建物内にはエレベーターは取り付けられないので、エスカレーターかケーブルカーが有るのでは?


さて帰ってると、妻がどうしても ”永楽苑” で食べて帰りたいと言い出した。 場所はここ

20070816203110.jpg

20070816203104.jpg

注文したのは皿うどんの太麺@550円

20070816203055.jpg

チャンポン麺の上にアンがかかって美味しい一杯だった。

20070816203049.jpg

と言うか、ここは何を食べても美味しい。

スポンサーサイト
長崎に帰省・初日
15日と16日で一泊の長崎帰省。

前回、一人で行って美味しかった ”花ござ” に妻を連れて行くことに。 場所はここ

20070816164941.jpg

今回は2人だったので2階へ通された。

20070816164957.jpg

2階も洒落た作りで、目の前の窓からは眼鏡橋が見える。

20070816164951.jpg

注文は 花ござ弁当@1050円。

20070816164925.jpg

先ずは島原具雑煮、これはあまり大きいものではない。ラーメンの丼の半分ぐらいである。

だから、単品で注文するとちょっとガッカリするかも知れない。

20070816164932.jpg

そして主菜が運ばれてきた。やはり料理は見た目が大切だ。

コンビニの弁当の様に、四角い箱に詰め込まれたのと比べ、満足感が違う。

20070816164917.jpg

妻にも大好評だった。

さて長崎ではお盆に入ると、至る所で花火が売られる。

しかもセット物ではなく、単品でバラバラと購入する。

20070816165021.jpg

なかでもこの爆竹が強烈である。黄色とか赤とか緑の小さい一本一本が物凄い爆発音を出す。

福岡でこの花火に火を付けたら警察が飛んでくるだろう。

まるで戦争の銃撃戦が始まったような爆発音が、この135円の箱に100発は入ってるであろう。

20070816165013.jpg

その強烈な花火を、精霊船を流す間中、鳴らし続けるのだ。

さだまさしの♪♪♪精霊流しがし~めやかに♪♪の歌とは正反対である。

下の写真の担ぎ手の耳を見て欲しい。防音の綿が詰められている。

これの見物には耳栓は欠かせない。当日に現地で調達しようとしても無理である。

また、女性の方はストッキングに火花が飛んでくる事も有るので、要注意だ。

20070816165029.jpg

かなりぼけてるけど、手前に見える黄色い線が追い越し禁止の中央線である。

この日ばかりは、精霊船の天下で、車は小さくなっている。

20070816165038.jpg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。