中年男の奮闘記
家庭のため、子供のために仕事にがんばる中年男が 今まで感じたことの無い、若い頃と違う体調の変化や 体のガタを感じながら生きていく日記
プロフィール

Author:イナッキー
福岡在住で食べることが好き、特にラーメン大好きです。

でも、社会派のブログを目指してます。



最近の記事



地図で探すお店情報



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



タグリスト

福岡市中央区 長崎県 福岡市博多区 福岡県南部 福岡市南区 福岡市早良区 福岡市城南区 その他 佐賀県 福岡市西区 福岡県北部 福岡市東区 大分県 熊本県 山口県 京都府 兵庫県 福岡県中央区 鹿児島県 



カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



RSSフィード



ブログ検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



勝手にリンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6ヶ月ぶりの"たつし"
久々に東区名島の ”たつし” に行ってきた。      場所はここ

s-たつし外見DSCF8660


最初に行ったのは、6ヶ月前!

その時は、客は私一人!My箸の話をする余裕があったが、今日は満員。

店の外には、待ち客が数人並んでいた。

s-たつしメニューDSCF8661


店内は6ヶ月前とは比べものにならない慌しさ。

『いらっしゃいませ!お二人様、今すぐ片付けますので、こちらへどうぞ。』 って感じだ!

座ってすぐに、千名そば(醤油)@500円を注文したが、完売したとの事!

まだ、12時半だと言うのに売り切れと言う事は、 

”くちこみepi” に千名そばが大写しで掲載されてたからかな?

仕方なく、ら~めん(豚骨)@450円を注文!

s-たつし卓上DSCF8664


ここの面白いところが、卓上に漬物がサービスで取り放題なのだ。

辛子高菜を置いてるお店は多いが、キュウリとか人参の漬物は珍しい!

s-たつしDSCF8666


おぉ~旨い!最初からゴマが入ってるのには、少し抵抗が有ったが、旨いから許せる。

s-たつし2DSCF8667


豚骨臭の無いスープと、激細の麺の相性が良い。

前食べた千名そば(醤油)も美味しかったが、豚骨も旨い!

s-たつし3DSCF8668


一緒に出された、辛子薬味!

半分食べて入れたら、又違った味の変化が、嬉しかった。



スポンサーサイト
長崎に一泊!
先日の金曜日、長崎で仕事を済ませた後、旧友と久し振りに飲んだ。

その日のお昼は仕事の都合で寄った、長崎県庁食堂で昼食を済ませる。   場所はここ

s-県庁メニュー2DSCF8597


昔懐かしい、デパートの大食堂的なランチ@500円に見惚れてしまったが

s-県庁DSCF8599


カツカレー@450円の文字が飛び込んできた。

えぇ!ただのカレーじゃなくて、カツカレーで450円?早速食券を購入!

へ~~ミニサラダまで付いてるのか、凄いな!

s-県庁2DSCF8600


カツも結構厚いよ!

と言うか、450円の厚みじゃないよ!

給料前は、こんな官公庁の食堂に限るな!

s-長崎DSCF8606


サクサクと仕事を済ませ、ホテルへチェックイン。

s-長崎2DSCF8603


長崎の街も少しづつ変貌している。

上の写真は、今年の秋に開業予定の”みらい長崎ココウォーク”と言う大ショッピングセンターだ。

s-長崎6DSCF8612


これはまた、シーセパードが見たら、泣いて喜びそうな看板だ。

でも、鯨を食べるのは日本の昔からの食文化だ。

それを、キッチリとアピールしてる態度は立派だ。

よ~~し、次回はこの”鯨専門店・くらさき”に鯨カツ定食を食べに行くぞ!

s-長崎4DSCF8610


8月15日にある、精霊流しは中国の文化を色濃く反映して、大量の爆竹や花火を使う。

その関係なのか、夏になると、こんな花火専門店が出現する。  場所はここ

名前は ”立岩商店” 長崎に行かれたら、見物するのも面白いかも知れない。

なにせ、花火ってこんなに種類が有るのって驚く事を保証する。
 

続きを読む
三瀬のケーキ屋さんへ
長崎の仕事先である、某病院で仕事をしてると、なにやら私を呼ぶ声が!

ハットして見上げると、見知らぬ美しい女性が、にこやかに微笑んでいる。

え!誰だろう?中洲のスナックのママさん?
いやいや、ここは長崎、銅座か思案橋のママさん?


美しい女性の知り合いと言えば、その方面しか無いので、当然の発想なのだ。

と思いつつ、笑顔を作ろうとすると

『■■です。』 と私の親友の名前を言う。
『■■の奥さん?よく私の顔覚えてましたね?』

■■が結婚する前に、3人で食事をして以来だと思うが、よく覚えていたものだ。

しばらく立ち話をしたが、私のブログを、時々見て頂いていて

三瀬峠の話になり、おいしいケーキ屋さんの事を教えてもらった。店名は ”ワーズワースの庭”

そんな訳で、長崎からの帰りに早速寄ってみた。      場所はここ

s-ワーズワース外見2DSCF8642


最初はブログに書こうとは思ってなかったが、あまりにも綺麗なロケーションに書く事を決めた。

s-ワーズワース外見DSCF8640


福岡から佐賀へ三瀬越えで行かれる方は多いと思うが、途中の野菜直売所マッちゃん

の手前を右に曲がると、すぐ見えている。

s-ワーズワース外見3DSCF8643


周りには田んぼしかなく、水も空気もきれいな所だ。

s-ワーズワース店内DSCF8644


広い芝生の庭を見ながら、店内に入るとすぐにケーキのショウケースがある。

s-ワーズワース店内2DSCF8646


お店の奥は、きれいな庭を見ながらお茶が飲めるようになっている。

s-ワーズワースDSCF8647


色んなケーキが並んでいるが、初めての店はいつもロールケーキと決めている。

s-ワーズワース2DSCF8648


チョコロール@1000円と、ブルーベリーロール@1200円が並んでいたので

お薦めを聞くと、ブルーベリーとの事で、ブルーベリーロール@1200円を購入。

s-ワーズワースケーキDSCF8652



妻と娘に感想を聞いたが、

シットリ感がある。
甘さ控えめ。
アッサリとしてしつこくない。
まろやか。
ほのかなブルーベリーが美味しい。
紅茶が合いそうな味。

と好評だった。

s-営業日

営業日は木・金・土・日・月曜日で、火曜・水曜は休みなので、気を付けて頂きたい。


                               良かったらコメント下さい。
                                     ↓  ↓      
上海餐室へ
アクロスの近くに有る ”上海餐室” へ行ってきた。      場所はここ

s-上海外見DSCF8580


以前、お店の前に出てるメニューを見て、機会が有ったら行ってみようと思ってたのだ。

s-上海メニュー3DSCF8583


本格中華定食や、お得な日替わりランチもあるが

s-上海メニューDSCF8581


上のメニューの ”おばあちゃん直伝本格醤油ラーメン” の文字を見てしまった以上

コレを食べざるを得ない。

しかもランチタイムは半チャンがプラスされて@900円だ。

s-上海DSCF8587


s-上海2DSCF8585


味りんだろうか、醤油の奥にやや甘みを感じる、絶品のスープだ。

麺も細めで縮れた、歯ざわりの良い、ほど良い固さで美味しかった。

これが、もう少し安かったら毎日だな!

佐世保にて
佐世保のメインストリートである、国道35号線の京町バス停前に有る

”定食屋・ふくとく” へ行ってきた。     場所はここ

s-ふくとく外見DSCF8576


このお店の裏には、九州一と言われる四ヶ町アーケード街が有る。

s-ふくとくメニュー2DSCF8571


長崎チャンポン、と言う看板に惹かれて入ったが、

どうやら、和洋中と色々揃う食堂のようだ。

s-ふくとくメニュー3DSCF8570


デパートの最上階に有るような、食堂を思い出しつつ、チャンポンセット@840円を注文!

s-ふくとくメニューDSCF8569


チャンポンにご飯、漬物、豆腐が付いている。

s-ふくとくDSCF8573


ご飯の量がかなり多く、満腹になったランチだった。

s-ふくとく2DSCF8574


チャンポンも量が多かったが、久しぶりに豚骨臭の有るチャンポンで

懐かしい気分になった。

新月へ
この前、見つけた西新の ”新月” へ行ってきた。    場所はここ

ここは、以前 ”拉麺萬” と言う、確か味噌ラーメンを売りにした、お店だった。

いつ替わったのか知らないが、私にとっては、新しいお店だ。

s-新風外見DSCF8558


ビルの中に有る市場の、細い路地の向い側は、うどん屋さんになっている。

店内は、7~8の客席がL字型のカウンターに有る。

s-新風メニューDSCF8560


メニューの頭には、「醤油か豚骨か選んでください」 と書いてある。

最初に醤油を持ってきてるって事は、自信作は醤油ラーメンなんだろうか?

でも、今日は豚骨気分なので、豚骨らーめん@550円を注文!

s-新風DSCF8564


一口、スープを啜る!

熱いっっちい!スープが物凄く熱い!豚骨でこんな熱いスープは初めてだ。

元々、豚骨スープは沸点が低いはずなのに、何でだろう?

s-新風2DSCF8565


スープの味は、パンチの効いた、私好みだった。

麺の細さも、麺の硬さも、私好みで、美味しかった。

s-新風卓上DSCF8562


ふと、テーブルを見ると、辛味噌と書かれたものが置いてある。

蓋を開け、サイコロ状の赤いものを投入したが、元々パンチが効いてるスープには、

少々、刺激が強くなりすぎた。次回は、辛味噌は入れないほうが良いかも知れない。






買い物しやすさ「世界一」に福岡市

イギリスの雑誌が選んだ「世界で最も暮らしやすい都市」のランキングで、福岡市がショッピング部門の世界1位に選ばれました。

その理由についてモノクル誌は「顧客のセンスのレベルが高く、食文化の質も高い。山や海に近く自然が豊か」と説明しています。

なお、総合ランキングの1位はデンマークの首都・コペンハーゲン、2位はドイツのミュンヘン、3位が東京で、福岡は17位でした。


いや~~素晴らしい! 福岡が世界一だ!

特に理由が良いね!

顧客のセンスのレベルが高く ・ ・ ・ ・ 私はセンスが良いなんて言われた事無いけどな!

食文化の質も高い ・ ・ ・ ・ そんな街からのブログでの発信、嬉しいね!

山や海に近く自然が豊か ・ ・ ・ ・ だから、食べ物も美味いんだよね!

そんな世界一の街に住んでる我々は幸せだ!



中華そば・ろっぽうへ
最近は、毎日のように西新へ行っている。

と言うのも、西新の近くで、営業の詰めが有るからだ!

そんな訳で、新しく出来た ”中華そば・ろっぽう” へ行ってきた。   場所はここ

s-六外見DSCF8557


暖簾が出てなかったので、休みかと思ったが、入口の片隅に 営業中 の札が

ひっそりと置かれていた。 

s-六メニューDSCF8553


店内に入ると、客は私一人!

ここは、場所的に厳しいかもナと、悠翔樹を思い出す。

でも、480円は武器になるのかな!

s-六DSCF8555


出てきたラーメンのルックスは良いね!

白髪ネギとみじん切りの白ネギ!それとシナチク!

私としては、ここに鳴門が浮いていると良いと思うのだが、鳴門があると、あまりにも漫画チックな

醤油ラーメンになると言う人もいる。

s-六2DSCF8556


麺は細めのちぢれ麺で、歯ごたえもいい感じだ。

スープも良い感じで美味しい!

いや~~、奥の細道的な立地に負けず、繁盛して欲しい! by 松田芭蕉!






やはり、改革は無理や!

政府は24日、先の通常国会で成立した国家公務員制度改革基本法に基づき、7月に設置する改革推進本部の事務局長人事について、民間人からの公募を見送る方針を決めた。渡辺喜美行革担当相は、改革の具体案の作成作業が官僚主導で「骨抜き」にならないよう公募を主張していた。

 福田康夫首相は同日午前、首相官邸で渡辺氏と会談し、「事務局人事は私がすべて決める」と伝えた。


天下り等の人事を改革しようと言う事で、改革推進本部を民間から募ろうとしてたのだが!

これじゃ、また自分達の良い様に骨抜きされてしまう。

福田さん、あんた、改革なんて口だけなのか?

あ~~情なや!






西新の朝美食堂へ
一週間ほど前に続いて、又しても西新へやって来た。

そうなのだ、この町の魅力を再発見したのだ。

都会でありながら、人と人とのふれあいが残る街なのだ。

s-西新DSCF8506


そんな街並みの一角が、取り壊され、大好きだったダイエーへの細い通りが、変貌しようとしている。

跡地に何が建つのだろうか!

s-朝美外見DSCF8507


今日は、安くて美味しそうな、庶民の味方の食堂 ”朝美食堂” へ行ってきた。  場所はここ

s-朝美メニュー2DSCF8509


ラーメン@400円、チャンポン@500円、皿うどん@500円、どれも魅力的だ。

赤い字はお勧め商品だ。よ~~し、注文するのはほぼ決まったな。

s-朝美メニューDSCF8510


さらに定食類がほとんど@500円、しかもご飯の大盛り無料!

s-朝美卓上DSCF8511


テーブルの上には、タクアンが食べ放題の大皿が!

『すみませ~~ん、皿うどんと小ご飯下さい』

s-朝美DSCF8513


麺にスープがよく染みて、いや~~美味しかった。

野菜も火加減が良く、シャキシャキ感が残って、うま味をUPしてくれている。

s-朝美2DSCF8514


他のお客さんが食べている、定食や日替わりも美味しそうで、キョロキョロしてしまった。

ご飯の大盛りはかなりの量だった。

また、来てチャンポンやラーメンも食べてみたい。






外食大手のすかいらーくは20日、傘下の5つのファミリーレストランで割りばしの使用を中止すると発表した。対象となる店舗は「すかいらーく」「ガスト」「夢庵」「バーミヤン」「ジョナサン」など。店舗数は約2600店に上る。(フジサンケイ ビジネスアイ)

経営するファミレスでは年間2億5000万ぜんの割りばしを使用してきたが、これを中止することで年間約650トンのごみ削減につながる。

素晴らしい事だ!

経費節減! ゴミ削減! 環境に優しい! 良い事尽くめだ!

s-箸DSCF8256


皆さんもMy箸を使ってみませんか?

邪道ですが、My箸を取り出す時、結構、優越感を感じるものですよ。
食べ放題のラーメン店へ
先日、仕事で久留米から筑後市へと、国道209号線を南下した時の事。

お昼の時間だが、どこで食べようか?

何軒も美味しそうなお店が有ったのに、この先良いお店有るんだろうか。

そんな事を考えなら、車を走らせてると、ふと目に入った看板。  

【食べ放題!550円 替玉・チャーハン・餃子 (ラーメン込)】 えぇ、ホントかよ!

しかも、お店の名前は ”eラーメン.COM(ドットコム)” と言う、なんとも電子メール風だ。

もしかしたら、(どっと混む)と掛けた、ユーモアなのか?    場所はここ

s-Eラーメン外見DSCF8518


久留米中心から、かなり離れた、周りには田んぼが見える場所なので、駐車場は広大だ。

その広大な駐車場に、1台しか止まっていない。

お昼時で、これだけインパクトの有る看板なのに、どうしてかな、と恐る恐る入店した。

s-EラーメンメニューDSCF8520


550円のラーメンを注文すると、替玉、チャーハン、餃子、惣菜が食べ放題だ!

凄いな~!お徳だな~!ラーメン@550円を注文。

でも、おかしいな?お客さんは一組だけ!

s-Eラーメン惣菜DSCF8521


チャーハンに漬物や味付けもやし、サラダ、ドレッシングも2種類!白ごはんも有るぞ!

s-Eラーメン惣菜2DSCF8523


さらに、左側には揚げ餃子、唐揚げが冷えないように温蔵庫に!

チャーハンも揚げ餃子も唐揚げも美味しかった。

s-EラーメンDSCF8527


ただ、メインのラーメンは私の好みではなかった。

スープは、何と言えばいいのだろう、豚骨を和風出汁で薄めたようなものだった。

私的には、替玉よりも、チャーハンや唐揚げの御替りをお薦めする。








朝日新聞は何を考えてるのか?

朝日新聞は就任以来13人の死刑を執行した法相を「永世死刑執行人 鳩山法相」「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」などと報じた。

鳩山法相は自分の仕事を、忠実に遂行したまでだ。

法相になっても、死刑執行と言う嫌な仕事だけを避ける、自分の立場が解ってない大臣も居る。

もし、法相が誰も死刑執行の印鑑を押さなかったら、重大犯罪の抑止力にならない。

また、極刑を望む、遺族の、両親の、親友の、恋人の気持ちを考えた、記事だったんだろうか?

朝日新聞のお偉いさん!

あなたの家族、子供が、秋葉原のような事件に巻き込まれても、

同じ記事を掲載するのだろうか?

全く、なんとも腹立たしい!



ご近所の千石やへ
今日は、我が家の近くで大事件だ。

と言っても、交通事故。それでもこの近辺では大騒動!

s-事故DSCF8531


なにせ、事故車が道を塞いでいるので、車を全て裏道へ!

だから住宅街が、車の行列!

いや~~交通事故には気を付けたいものだ。



今日は、昼前から猛烈な雨が降り、遠出は止めて、近所の ”千石や” へ行ってきた。

s-千石外見DSCF8542


写真でも解るような、猛烈な雨の中、目的のお店が見えてきた。   場所はここ

s-千石メニューDSCF8536


日替わりから豚の肉、鶏の肉、カレーと一通り揃っている。

s-千石メニュー2DSCF8537


また、冷麺やクッパも有るようだ。

s-千石DSCF8539


お店の入口には、日替わりランチ@600円がそのまま展示されている。

それを見て、美味しそうだったので、日替わり@600円を、何の躊躇も無く注文した。

ご飯は御替り無料なのが嬉しい。

また、スパゲッティとポテトサラダは私の大好物だ。

s-千石2DSCF8540


流石に豚の肉を売り物にしてるだけのお店だ。

肉が柔らかくて、物凄く美味しいし、トマトソースが最高だった。




鈴木商店へ
久しぶりに ”鈴木商店” へ行って来た。      場所はここ

s-鈴木外見DSCF8472


この周辺は、秀ちゃん、一幸舎、大名ちんちん、けごんらーめん等々、強豪店が軒を並べる地域だ。

s-鈴木メニューDSCF8473


昔は、高いラーメン屋というイメージが有ったが、600円の価格を高いと思わなくなってしまった。

何を頼むか、メニューを隅々まで見ると、ランチセットが格安で有るではないか!

ラーメン@600円に@150円プラスするだけで、餃子と小鉢、さらに鶏飯か白飯のどちらかが付くのだ。

s-鈴木DSCF8476


博多そば(醤油とんこつ)のセットで注文!

中太の麺と、独特の豚骨スープが美味しい。

s-鈴木2DSCF8477



かなりお腹一杯になる、お得なランチだった。





先日、NHKのクローズアップ現代を見ていたら、 ”隣人祭り” なるものが開催されていると言う。

隣人祭りと言う、聞きなれない言葉に興味を持って見入ると、

隣人同士が食べ物や飲み物を持ち寄って、会話の場を作ろうと言うものだ。

パリの一青年の近所のお年寄りが、孤独死をしたのをきっかけに始まり

今や世界28カ国で開かれる、祭りとなった。

日本では東京の新宿御苑で開催された。その祭りの1グループは新宿の商店主の主催だったんだが

そこに、意外な飛び入りがあった。それは、歌舞伎町で働くホストさんグループだった。

話をすると、ただ飲み食いに来ただけじゃなく、

彼らは仕事が終わると、歌舞伎町を中心に道路のゴミを、掃除する活動をしており

一緒にこの町を、何とかしようと言う目的での参加だった。やはり、話してみないと解らない!

確かに、御近所付き合いが希薄になった現代社会では、有意義なことだろう。

お隣に誰が住んでるのか知らない、マンションの住民が多く

マンション内で泥棒とすれ違っても、不審者と思わない現代社会!

やはり、飲みニケーションは必要なんだ。

町内会や、マンション単位での開催も良いのではなかろうか!






西新の裏路地にて
西新でお昼を食べようと、パーキングに車を入れた。

別にどこで食べようと言う目的が無かったので、ブラブラしてみた。

新月から未羅来留亭、朝美食堂、海鮮丼が500円の激安回転寿司屋さんの前を通るが

いずれも今一で、素通りする。

いつの間にか脇山口の交差点を過ぎ、藤崎通り(勝手に名前を付けた)に入る。

みすず庵でザルソバの気分でもない。あっちゃん亭は、この前行ったしな!

ふと左を見ると、細長い裏路地に、色んな看板が遠目に見える。

おぉ、この通りは行った事が無い。私にとっては未開地だ。

しばらく行くと、へのさん記事で見た ”もみじうどん” が有った。

かなり触手を動かされたが、他の看板も気になる。

あ~あ情けない、あれやこれやと気になるB型気質!

さらに行くと、中華そばなる看板を発見! 目を引く赤い看板に ”中華そば・ろっぽう” と書いてある。

よ~~し、この店に決まりだと、突き進むが店休日!

あ~あ、ついてないなと戻りかけると、さらに路地の奥にラーメンののぼりを発見!

s-二十三番外見DSCF8499


お店の名前は ”二十三番” 喫茶店のようなお洒落な外見だ。   場所はここ

こんな路地裏のお店、私が初めてUPするかも知れない。

が、しかし帰ってへのさんのブログを検索すると、有った。流石と言わざるを得ない。

s-二十三番メニューDSCF8496


メニューは単純明快の5種類。

何を注文するか悩んだが、一番上の 塩ゆずラーメン@600円を注文。
 

s-二十三番DSCF8497


やや小さめの、丸みを帯びた丼で配膳されたラーメンは、純和風の感じで

刻みのり、カイワレ、キクラゲ、わかめが入り、スープの所々にゆずの皮が見える。

s-二十三番2DSCF8498



麺は中太のちぢれ麺。

スープはまさに純和風の塩味。その中に時々ゆずの香りが食欲を刺激する。

あっという間に完食。次はカレーラーメンに挑戦してみたい。



麺や・喜多楼、赤坂店へ
以前から、行きたいと思っていた ”麺や・喜多楼” 赤坂店へ行って来た。    場所はここ

s-喜多楼外見DSCF8467


地下鉄・赤坂駅から上った地下1階にある。

このお店は、本店が天神にもあるとの事だ。

s-喜多楼メニューDSCF8468


チャンポン、皿うどん@700円はやや高めなのか?

でも、プラス120円でミニチャーハンか白飯が付くのは嬉しいな。

s-喜多楼DSCF8470


この日は、昨日のお酒が祟って、胃の調子が今一良くない。

従って、皿うどん@700円を単品で注文!

s-喜多楼2DSCF8471


いや~~野菜たっぷりの、美味しい皿うどんだった。

麺はモチモチと弾力があり、しっかりと味が付いていた。

皿うどんはここの人気メニューらしく、ほとんどのお客さんが注文していた。



同福居へ
みおせるさんのブログを見て、絶対に行こうと思ってた ”同福居”   場所はここ

前回の挑戦では、満席で仕方なく他の店を開拓したが、

男と女の仲と同じで、会えなければ会えないほど燃え上がるもののように、

今日こそは、明日こそはと思いつつ、切ない想いを心に秘めていたのだ。

s-同福居外見DSCF8490


今日、やっとその切ない想いが満たされる。

11時30分に到着し、まだ仕度中の札が立て掛けられていたが

1分も待たない内に、営業中の札に替えられた。

s-同福居メニュー2DSCF8492


みおせるさんの記事は2007年11月!

その記事では、中華特製ラーメン290円と記載されている。

今日のメニューは2008年6月だ。

7ヶ月でコレだけ値上がりするのは異常だ。

いや、別にお店に文句言ってるんじゃない。なんとしないと、世界の貧困層がドンドン飢え死にする。

いっその事、必需品の先物相場を廃止したらどうだろうか!

s-同福居メニューDSCF8491


そんな事を考えながら、ラーメン定食@650円を注文!

s-同福居DSCF8493


ラーメン定食は、中華特製ラーメン@500円とご飯、お漬物、おかず一品だ。

ご夫婦だろうか、奥さんが注文を取って、厨房の旦那に注文を通す時は、中国語になる。

異国情緒タップリだ。

s-同福居2DSCF8494


出て来たラーメンは実に美味しそうだ!

鶏肉と白菜をあんで絡めてある、醤油ラーメンだ。

麺もストレートで申し分無い。

s-同福居3DSCF8495


スープは、やや甘みを感じる、鶏ガラ醤油で、まさにドンピシャ!

こんな美味しいのが@290円だったなんて、信じられない!

昔は、良かったな!

トルコライスの老舗へ
長崎のトルコライスの老舗 ”ツル茶ん” へ行ってきた。    場所はここ

s-ツル茶ん外見DSCF8449


写真を撮ってて気が付いたのだが、右下に孫文先生ゆかりの地の碑が立っている。

s-ツル茶ん外見2DSCF8440


近づいて見ると、あの歴史上の人物 ”孫文” の碑だ。

長崎って、こんな凄い碑が、何事も無かったように有るのが不思議だ。

s-ツル茶んメニュー2DSCF8444


ツル茶ンは、本来、喫茶店で、喫茶店の軽食メニューのトルコライスがヒットしたらしい。

s-ツル茶んメニューDSCF8443


基本のトルコライス@980円を注文!

s-ツル茶んDSCF8445


ピラフとケチャップのスパゲッティ、そしてトンカツの上にカレーが乗ってる

典型的なトルコライスだ。

美味しく食べてる間、観光客らしい2,3人が入ってきたり

お店の前で記念撮影してる観光客などが見受けられ観光スポットとしても確立してるんだろうか。

長崎には ”トルコライスマニアック” と言うトルコライスだけを取り扱ったブログがある。

s-ツル茶ん店内DSCF8448


店内に飾られた色紙が、歴史の古さを感じさせる。







国土交通省関東地方整備局道路部の職員が平成19年度に多額の深夜帰宅用タクシー代を使っていた問題で、問題発覚後の今年4、5月に同部の深夜のタクシー帰りが1回もなかったことが分かった。同整備局は19年度、約4200万円分のタクシー券を利用しており、関係者からは「本当に必要があったのか」と疑問の声が上がっている。

 同部では19年度、約4217万円分のタクシー券を使用。大半が深夜帰宅用のタクシー利用とみられる。1カ月平均にすると約351万円になることから、タクシー券の“無駄遣い”が発覚し、券の使用規定が整備された今年4月以降、1000分の1に減ったことになる。


やれば出来るじゃないか!!

恐らく、使い切り予算で、その年度のタクシー代としての予算を使ってしまわないと

来年度の予算が減らされる、だから 使え!使え!と言う体質だったんだろう。

中には、飲み屋街からホステスさんを送って行く為に、使った役人が居たという!

また、問題が発覚するまで、当たり前と思ってた感覚が、庶民のものと違う。

こんな無駄遣いをしながら、財源が足りないので、タバコを一箱1000円にしようか

てな事を言い出す。

まったく、呆れてしまうよ。


那珂川の一龍ラーメンへ
筑後方面への仕事の途中、那珂川で ”一龍ラーメン” なるお店を発見。       場所はここ

s-一龍外見DSCF8439


お店の前には、3台ほどの駐車場が有る。

s-一龍メニューDSCF8435


値上がりラッシュの続き、ラーメン一杯550円が普通と言う感覚になった昨今、

450円は嬉しい価格だ。

しかも、焼き飯セットが@650円は、さらに嬉しい。

s-一龍DSCF8437


スープは丁度良い濃さで、サッパリでもなく、どぎつくも無くで美味しかった。

注文時、カタ麺と指定するのを忘れたが、丁度良い固さで出てきた。

s-一龍2DSCF8438


ただ、チャーシューがチョット固いかな!






s-chichinohiDSCF8479


今日は父の日!

娘と息子から思わぬプレゼント!

お酒は金箔入りだ。

ホントに有難う。




ご近所の集い
朝、目が覚めるとすでに10時を回っている。いつもは7時半頃起きるのにと慌てて体を起こすと

頭がズキリ!

そうか、昨日の夜は ”遊心亭” で飲んだのだと記憶が蘇ってきた。

コイッチさんからのお誘いで、合計4名のご近所会と言う名目での飲み会だ。  場所はここ

遊心亭とは悠翔樹の隣りの居酒屋で、コイッチさんお気に入りのお店だ。

s-遊心亭ビールDSCF8452


一番乗りで待ってると、コイッチさん、遅れてHITOMIさんが現れた。

s-遊心亭刺身DSCF8453


最後の4人目が現れた時には、すっかり酔いが回っていて、失礼ながらお名前を忘れてしまった。

s-遊心亭サラダDSCF8455


色々な美味しいおつまみを食べながら、ワイワイガヤガヤと夜は更けていった。

s-遊心亭ホタテDSCF8457


中でも興味深かったのは、胃がんで、胃の三分の一を1ヶ月前に切って

豪快に焼酎を飲んでる方とお話できた事だ。

今は内視鏡手術なので、あっという間に退院だそうだ。

凄く勇気付けられた。


続きを読む
プラリバのまる竹へ
西新にある,岩田屋西新店が ”プラリバ” に変わったのは随分昔だったように思うが

まだ、5年ほどしかたってない。

s-まる竹看板DSCF8426


そのプラリバの7階に、あの ”むつみ屋” の姉妹店 ”まる竹” がある。   場所はここ

s-まる竹外見DSCF8427


お店の入口には、むつみ屋との関係図が、小さいながら貼り出されている。

s-まる竹組織図DSCF8432


むつみ屋と言えば、味噌ラーメンだ。よってここまる竹も注文するなら味噌だろう。

s-まる竹メニューDSCF8429


味噌ラーメンは@600円か!昔は高いなと思っていたが、今はさほど高いと感じない。

豚骨も全国ベースの値段に迫っているのだろうか?

s-まる竹メニューランチDSCF8428


注文したのは、餃子3個と小ご飯のランチセット@800円!

s-まる竹DSCF8430


むつみ屋系列で期待が大きかったが、ま、普通の旨さだった。

ただ、妙にシナチクだけがニンニ臭く、残してしまった。

馬鹿盛ぽんぽこへ
福岡市の南部を営業で、回ってると、面白い名前のお店を発見。      場所はここ

”馬鹿盛ぽんぽこ” と言う名前から想像すると、物凄い大盛りの店なのか?

お店の前には、かなりの台数の駐車場が有るが、11時半と言うのに8割がた埋まっている。

s-馬鹿外見DSCF8420


そんな訳で、入店してみることにした。

s-馬鹿メニューDSCF8421


店員さんに何がよく出てるか聞くと 『ホルモンが出てますね』 と言う返事。

s-馬鹿メニュー2DSCF8422


しかし私は、ホルモンは苦手だ。噛んでも噛んでも、キリが無く、いつ飲み込めばいいか解らないからだ。

焼ソバも良いかと思ったが、時間がかかるとの事で、トンカツ@800円を注文!

ちなみに、特製カツとは、チキンカツとの事だ。

s-馬鹿DSCF8423


出てきた定食、ご飯の量と、豚汁の量の多さにビックリ。

s-馬鹿3DSCF8425


s-馬鹿2DSCF8424


味噌汁もすごい量で、食べきれるかなと思ったが

御飯が美味しいこと!炊き立てでもあったが、新米のような美味しさで

お漬物と味噌汁だけで、三分の一は食べてしまった。




長崎の群来軒へ
前回、長崎の群来軒へ行った時は、チャンポン麺と思って注文した皿うどんが

バリバリ麺で少々がっかりしたと書いたら、きゅんさんからチャンポンが美味しいとのコメント!

s-郡来軒外見DSCF7908


ならば、チャンポンを食べましょう、と言う訳で、やって来ました ”群来軒”

s-郡来軒メニューDSCF7910


メニューにはチラっと目を落としただけで、チャンポン@735円を注文!

s-群来DSCF8418


普通、チャンポンの丼と言えば、底が浅いものが多いが、ここは普通の深みのある丼で出てきた。

チャンポンの頂上に、イカや海老などが盛りつけられて、期待が盛り上がる。

s-群来2DSCF8419


少し甘みを感じる、上品なスープは絶品だ。

いや~満足、満足。美味しい昼食だった。

ただ、チャンポンとご飯を注文し@892円!

1000円から108円のお釣りをもらった時は、やや寂しい気持ちになった。







タバコが一箱@1000円と言う話が出ている。

たばこ1箱の値段を現在の3倍程度、1000円に値上げしようという動きが急浮上しているという。いまの政治社会情勢からして、これは実現可能性が高いとみていいのではないか。
 来年度から基礎年金の国庫負担を現行の3分の1から2分の1に引き上げるため、これに2・3兆円必要だ。本来ならば、消費税の引き上げ(1%で税収2・5兆円)でまかなうのが妥当なのだが、福田政権には消費税に手をつけるだけのパワーがあるとは思えない。
 たばこ増税だと、仮に値上げによって消費量が3分の1に減ったとしても3兆円ほど見込めるのだという。喫煙に対する抵抗感が強まっている世相に便乗すれば、消費税よりもはるかにたやすいといえそうだ。
 野党は消費税引き上げに猛反対しているが、たばこ増税には理解を示す向きが多い。なるほど知恵者はいるもので、いいところに目をつけたものだ。産経新聞


@1000円のタバコなんて誰も買うもんか、と思うのだが

世界では現実に1000円近くまで、税金をかけてる国が有る。(2002年の資料ですみません)

s-世界のたばこ世界のたばこ


つまり、高くなっても買う人が居ると言う事だ。

すると、の文章が生きてくる。

仮に値上げによって消費量が3分の1に減ったとしても3兆円ほど見込めるのだという

でも、税収はUPしても、タバコ農家へはかなりの打撃になるだろう。



冷たい麺、でびっとにて
梅雨入りしたらしいが、あの梅雨独特の蒸し暑さは無い、今日この頃だ。

でびっとの前を通ると、冷たい麺が出てるとの貼り紙を発見。 場所はここ

s-でびっとメニューDSCF8406


丁度、昼食タイムだったので、暖簾をくぐってみた。

いつもの、豚(豚骨)、鶏(塩)、魚(醤油)のメニューの裏側に、

冷やしぶっかけらーめん@750円のメニューが記載されている。

s-でびっとDSCF8408


丼までギンギンに冷やされて配膳された冷やし麺は

s-でびっと2DSCF8409


卵の黄身とチャーシューの厚切りと、山芋

s-でびっと3DSCF8410


オクラになめこ、どれも夏バテを解消する、元気モリモリの具材が入っている。

s-でびっと4DSCF8411


メニュー通り、グリングリンに混ぜて、食べてみた。

氷で引き締められた麺は、十分すぎるほど歯ごたえが有る。

私は、ここで学習した。

やはり、冷たい麺は、黙ってても汗が出て、暑さで食欲がない時に食べるものだと!







息子が免許を取った。

後は、無事に卒業して、就職してくれれば肩の荷が下りる。

s-初心者DSCF8405


ところが一つ困った事が有る。

任意保険の件だ。私は20等級なので、1年の保険料は1万7千円ほどだが

10代の運転者が加わる保険料を算出すると、6万円台に跳ね上がる。

21歳以上の条件だと、1万UPぐらいで済むのだが!

21歳まで乗せないと、ペーパードライバーになりかねない。

かと言って、自賠責だけじゃ不安だ。

いや~~悩みますね!


新店、麺処・ゆうへ
昔、もち月と言うラーメン屋さんが有った所に、新しいラーメン屋さん ”麺処・ゆう” が出来た。

写真のように、中華の名店 ”台北” の隣りだ。    場所はここ

s-ゆう外見DSCF8376


最大の弱点は、駐車場が無い事だろう。天神だったら、駐車場無しでも良いだろうが

近くの店舗のほとんどが、駐車場を持ってる環境なので、よっぽど惹きつけるものが無いと

厳しいのではなかろうか?

s-ゆうメニューDSCF8372


ラーメンが@600円とは、チト厳しいな!

小ご飯@150円も注文すると、750円だ。と思いながら周りを見ると

s-ゆうメニュー2DSCF8373


ランチタイムメニューが有るじゃないか。で、小ご飯・ラーメンセット@680円を注文!

s-ゆうDSCF8374


『お待たせしました』 と出てきたラーメンを食べようと、テーブルを見渡すと

定番のゴマは有るのだが、紅生姜が無い。その代わりニンニクチップと辛味タレが有る。

辛味ダレを入れると美味しいかと聞くと、 『辛いのが好きだったら良いですけど』

との返事だったので、そのまま食べることにした。

s-ゆう2DSCF8375


≪臭みを抑えたクリーミーな豚骨スープ≫と言う謳い文句の通り、

豚骨臭の無い、ポタージュのようなスープだった。


益正へ
昨日、まるきゅうらあめんでご飯セットじゃなく、塩ラーメンだけしか食べなかったのには、深い訳があった。

HENOさんの記事に、ラースタで300円のミニラーメンがある事に痛く感動!

塩ラーメン一杯食べただけで、キャナルシティへとやって来た。

s-キャナルDSCF8398


大道芸人のパホーマンスなどには、目も向けず、ラーメンスタジアムへと、直行するのであった。

ところが、この中年男、人のブログを隅から隅まで見なかったから、さあ大変!

『あのくさ、300円のラーメンが有るって聞いたばってん、食券はどこで買うととね?』
『あ~あれは平日だけですね。』
『なんてな?酒焼けして、ちーっとばかり顔の赤かばってん、平熱バイ。風邪はひいとらんばい。
 人ば、見かけで判断しちゃいかん!』

s-キャナル貼り紙DSCF8393


と、怒って帰る途中、↑張り紙を見て、≪平熱じゃなく平日か≫ 

博多経済新聞の所を読まなかった事を、後悔するのであった。

と、KBCラジオ・パオーンのネタを真似てみた。

日頃はカーラジオでネタを聞きながら、くだらないと大笑いしてるのだが

実際、作ってみると、意外と難しいものだ。
 

s-益正外見DSCF8404


ラーメン一杯だけじゃ、夜まで持たないと思い、途中、カレー@390円に惹かれて ”益正” へ

s-益正外メニューDSCF8403


天神の明治通り沿いの、三和ビルの地下1階だ。    場所はここ

s-益正DSCF8402


いや~、このカレーが美味しかった。

390円だし、小腹を満たす為と思って食べ始めたが、

390円!侮る無かれ!

塩そば専門店・まるきゅうらあめんへ
塩ラーメン専門店が、福岡に新店を出したと聞いて、早速行ってきた。    場所はここ

明治通りを天神から東に進み、中洲大通り入口の先の、ゲイツのビルを川沿いの右に曲がると

ゲイツビルの裏あたりに、お店の案内板が出ている。

私の感じとして、場所的にハンディ有り過ぎと言う印象を受ける。

s-塩外見DSCF8385


本店は池袋に有り、かなり有名なラーメン店のようだ。

s-塩外メニューDSCF8386


お店の前には、 ≪当店、塩のみです。とんこつ食べたい方は他へどうぞ≫ とか

≪ラーメン界の大御所!!佐野実氏も納得したこの味。ぜひ一度御賞味あれ≫との能書きが並ぶ。

s-塩メニューDSCF8383


メニューを見ると、ホントに塩専門店だ。

基本の塩そばは@700円! 普通に昼飯に出来る値段じゃないはな!

しかし、ランチタイムサービスで、小ご飯セット@700円が有るのは救いかな!

s-塩DSCF8391


塩そば、当たり前だが、スープが澄んでるね。美味しそうだね。

一口啜ると、やや魚系の香りの後、塩の甘みと言うか、美味しさが押し寄せてくる。

s-塩2DSCF8392


そして、この炙ったチャーシューも、美味しさに拍車をかけているようだ。

実は、美味しくて、スープを全部飲んでしまった。
再び、はなれんこんへ
先日、美味しかったので、又 ”はなれんこん” に行ってきた。   場所はここ

s-魚外見DSCF8311



城南区役所で用事を済ませると、丁度、お昼時。

s-魚メニュー2DSCF8313



前回、気になっていた さかな屋の海鮮丼定食@850円を注文!

カウンターの奥で、注文が入ってから、刺身を切り始める。

今日は2回目なので、落ち着いて観察すると、女性客が多い事と

海鮮丼の注文が多い事に気がついた。

s-海鮮DSCF8367



来た、来~~た。海鮮丼の他に味噌汁、漬物、小鉢は2品!

s-海鮮9DSCF8368



チョット!御飯が見えないよ!  これで@850円とは、太っ腹!

s-海鮮3DSCF8370



板うにも半分が乗っている。

大満足のお昼だった。

ベリーへ
先日、四川風・タンタン麺と大きく書かれた看板を発見。    場所はここ

お店の名前は ”ベリー” 何やら美味しそうな予感のするお店だ。

s-ベリー外見DSCF8366

表の看板には、坦々麺の他には、中華そば、チャンポンと書かれてあり、

豚骨ラーメンのお店じゃない事が推測される。

s-ベリーメニューDSCF8361

店内に入ると、推測通り、豚骨の文字はない。

メニューの中で気になったのが、皿うどんと皿チャンポン。

早速聞いてみると、皿うどんはチャンポン麺を炒めたタイプで

皿チャンポンは、チャンポン麺の上にあんかけタイプだそうだ。

s-ベリーメニュー2DSCF8362

普通なら、あんかけタイプの皿うどんに飛びつくんだが、この日替わりメニューに強く心を惹かれた。

メニューの2番目に中華そばと有るのだから、醤油味の中華そばに自信があるのだろう。

と言う事で、日替わりの 中華そば&チャーハン@650円を注文!

s-ベリーDSCF8363

出て来た日替わりのチャーハンは、ミニじゃなく、チャンとした一人前の量だ。

これで、650円は格安だ。

s-ベリー2DSCF8364

でも、醤油なのに紅生姜が乗ってるな。大丈夫かな?関東と九州の融合か?

と思いつつ一口啜ると、これが美味い!

まさに、東京の下町で出て来るような、醤油ラーメンだ。

いや~~美味しい、醤油ラーメンと紅生姜が意外と合うと言う、新発見も出来た。


再度、クッチーナカルドへ
前回、あまりにも美味しかった ”クッチーナ・カルド” へ、今回は妻と一緒に行ってきた。場所はここ

s-クッチ外見DSCF8360



妻は、初めてのお店を異常に警戒するので、ナントか説得して、やっと連れて来た。

s-クッチメニューDSCF8351



ランチが@980円で、サラダ、パスタ、パン、デザート、ドリンクが付く。

s-クッチ店内DSCF8352



お店は、通りから少し引っ込んでて、周りを緑が囲む、落ち着いた雰囲気だ。

s-クッチ前菜DSCF8353



先ず、生ハムのサラダ

s-クッチDSCF8354



妻はクリームソース、私はトマトソース。

s-クッチ2DSCF8355



肝心の妻の反応は、

『最高、100点満点だわ!生麺がソースに絡んで美味しいw』

s-クッチデザートDSCF8358



帰る頃には、満席に!

支払を済ませ外に出ると、3~4人の待ち人が!

良かった、もう少し遅く来れば、外で待つところだった。






新華社通信は、四川大地震の救援活動を契機に中国国民の間で起こっている「日本ブーム」について報道し、「援助に感謝しても歴史は忘れるな」と日本に手放しで融和的な態度をとることにクギを刺した。

四川大地震では、日本の国際緊急援助隊が発見した遺体に黙祷する姿が報道されたことで、中国国民の間に「日本に感謝する」との声が巻き起こった。

今回、政府系メディアである新華社がこうした報道をしたのは、中日関係を重視しながらも、国民が無制限の日本礼賛に流れるのは好ましくない、との政府の意向を反映したものと見られる。


中国って、こんな国なんだ。一体、何を恐れてるんだ?

我が国の中国に対するODAは、以下のように凄いものだ。  詳しくはこちら

上海浦東国際空港建設事業(400億円)
北京市首都空港整備事業(300億円)
蘭州中川空港拡張事業(63億円)
武漢天河空港建設事業(63億円)
西安咸陽空港拡張事業(30.9億円)

北京-秦皇島間鉄道拡充事業(870億円)
貴陽-婁底鉄道建設事業(300億円)
重慶モノレール建設事業(271億円)
北京市地下鉄建設事業(197億円)
大同-秦皇島間鉄道建設事業(184億円)

それに対する報道は、殆どなされてないので、中国国民は知らない。

今回、日本の援助隊の報道がなされた事で、日本感謝ブームが起きたので

このODAの事も、正しく報道されれば、中国国民の日本に対する見方は違ってたはずだ。

一体、中国は何を恐れて、日本の良い処をひた隠しにし、

日本人を嫌うような教育をするのか、解らない。



新界へ
この前の土曜日、天神界隈を歩いていて、ふと見かけたメニューに誘われて ”新界” へ入店した。

国体道路の一つ裏側になる。      場所はここ

s-新界メニュー外DSCF8336

エビと玉子の炒めクリームソース。このクリームソースに惹かれたのだ。

昔、パスタはトマトばかりだったが、最近はクリームソースを好むようになってきた。その為なのか?

s-新界外見2DSCF8347

入口には ”福新楼” の ”博多皿うどん発祥の店” ののぼりがある。

s-新界メニューDSCF8337

店内には、福新楼の料理を取り寄せ出来るとのメニューがある。

流石に、一等地の超一流店は、チャンポン、皿うどんが@945円とは、凄い。

そう言えば、長崎の超一流店 ”四海楼” の皿うどんも@945円だったな。

s-新界店内DSCF8339

システムは、メインの料理だけが運ばれて、後はセルフサービスだ。

ご飯とスープは御替り自由、他にキャベツのサラダとお漬物を自分で取る。

s-新界スープDSCF8342

たまごの入ったスープが美味しくて、3杯のお替りしてしまった。

s-新界DSCF8343

メインディシュの他に、春巻きが一品付いていた。

s-新界2DSCF8344

このエビとたまごのクリームソースのクリームソースが絶品だった。

次は、福新楼の 博多皿うどんに挑戦したい。

久留米とんこつ・天砲ラーメンへ
春日の天砲ラーメンに行ってきた。                 場所はここ

s-天砲外見DSCF8328

車での来店も問題ない。駐車場は余裕の台数だ。

s-天砲卓上DSCF8331

入口のレジ近くには、昔のおもちゃや駄菓子を販売してて、レトロな雰囲気が漂っている。

テーブルには、麦茶の入ったやかんが、昭和の香りを漂わせている。

s-天砲メニューDSCF8329

ラーメンの@480円は、嬉しい価格だ。

s-天砲DSCF8332

少々、豚骨臭有りの、大砲ラーメンの流れを汲む、久留米ラーメンである。

印象的だったのは、チャーシューに焼き目をつけてあり、香ばしかった。

見ると、確かにチャーシューを炙ってから、ラーメンの上に乗せている。

s-天砲卓上2DSCF8330

途中、この辛味ニンニクを入れると、断然、私の好みの味に変身!

s-天砲2DSCF8333

何はともあれ、久留米ド豚骨スープと博多細麺のコラボレーションは、いい味出してた。

城南区役所の近くのお魚の旨い店
城南区役所に行った時に見つけた、魚の旨そうなお店に行って来た。   場所はここ

お店の名前は ”お魚屋さんのお店 ご馳走処 はなれんこん” 

s-魚外見DSCF8311



お店の前には、数台の駐車スペースが有り、メニュー黒板も出ている。

s-魚外店内新規イメージ



お店に入ってビックリするのは、魚屋さんの様に、カウンターの前に、魚が陳列されてるのだ。

これは、かなり期待できると、ワクワクしながら席に着く。

s-魚メニュー2DSCF8313



ランチは全て、小鉢2品、汁物、漬物付きで、どれもお薦めだとか。

s-魚メニューDSCF8312



先ずは、日替わり@580円を注文してみるか。

でも日替わりだけでも、色々有るぞ!

甘ダイって、高級魚じゃない?それが580円で食べられるんだ。

で、注文したのは、甘ダイの塩焼きランチ!

s-魚DSCF8315



これは、ご飯の盛りが、かなり多めだ。

s-魚2DSCF8316



しかも、大きめな甘ダイが半身である。

いや~~この@580円のランチは太っ腹だ。

580円でこれだけだから、850円の海鮮丼定食は、凄いかも知れない。

s-魚外看板DSCF8317



歩道に出てる、この看板が目印だ。

近々、海鮮丼定食に挑戦してみたい。

いや~~、良いお店見つけたな!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。