中年男の奮闘記
家庭のため、子供のために仕事にがんばる中年男が 今まで感じたことの無い、若い頃と違う体調の変化や 体のガタを感じながら生きていく日記
プロフィール

イナッキー

Author:イナッキー
福岡在住で食べることが好き、特にラーメン大好きです。

でも、社会派のブログを目指してます。



最近の記事



地図で探すお店情報



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



タグリスト

福岡市中央区 長崎県 福岡市博多区 福岡県南部 福岡市南区 福岡市早良区 福岡市城南区 その他 佐賀県 福岡市西区 福岡県北部 福岡市東区 大分県 熊本県 山口県 京都府 兵庫県 福岡県中央区 鹿児島県 



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



RSSフィード



ブログ検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



勝手にリンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の帰国パート2
前回に続いてオーストラリアのレポートだ。

到着当日は、シドニーの街の観光がメインだったようだ。

シドニーオペラハウス

先ずは、シドニーの代表的な観光地のオペラハウスだ。    場所はここ

オペラハウスの一番美しい姿は、海上からが一番美しいのだが

近くに行くには陸路なので、歩いて近ずくとこのような姿が見えるのだ。





シドニービル群2

そしてこのビル群は、オーストラリア最大の都市シドニーの中心部だ。

航空法で高層ビルの無い福岡から、いきなりこんな超高層ビルを見たのだから

さぞかし驚いただろう!

シドニー食パン

そして、市内を観光してる写真の中にこの写真が!

この食パンの量が、現地の人の購入単位だそうだ。

日本で売ってる食パンの3倍はありそうだ。

シドニーキャンパス

これはシドニー大学を見学した時の写真だ。     場所はここ

何とも広々とした格調高い建物ではないか!

シドニーユニバー周辺

さらに普通の街並みものんびり感が有る。

真っ直ぐに延びる広い道と、電線の無い解放感がなんとも気持ちを大きくさせる。

シドニーパーティー

さて、ウエルカムパーティーだが、やはりパンだけだ!

やはり、寿司とか刺身とかないと 「え!これだけ?」 って感じだな。

シドニーステイ先夕食

これはホームステイ先の夕食だ。ちなみに朝食は決まってシリアル(コーンフレーク)だったとか。

ほとんが、ワンプレートで終わり、その後ミルクティーを飲みながら色々と話すそうだ。

彼に話す時は、非常にゆっくり話してくれたので何とか解ったが

どうしても解らない時、何度も何度もパードンと聞いたが

どうしても解らない時も有ったそうだ。

ある日、彼はホストファザーから You take a big mistake. と言われたそうだ。

その理由は、日本人同士が集まった時に日本語で話さないで英語を話すべきだと!

そう言われてもやはり日本人同士はつい日本語になってしまうだろう!

オーストラリアコイン

最後に向こうのコインは、全てがエリザベス2世だそうだ。

面白いのは、コインの発行年によってエリザベス2世が歳をとっていくことだ。

だから、コインの像が若いと古い年代に発行されて

歳とった顔だと新しいコインと言う事になるのだそうだ。

第3弾(最終編)へと続く!





中年男の奮闘記・福岡市東、博多、中央、南区の中華
中年男の奮闘記・福岡市西、早良、城南区の中華
中年男の奮闘記・福岡市以外の中華
中年男の奮闘記・長崎の中華編
中年男の奮闘記・うどんそば編
中年男の奮闘記・洋食編
中年男の奮闘記・和食編
中年男の奮闘記・未分類



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

息子さんのホームステイ先に同世代の同姓がいなかったのがちょっと不満だったかも
ですね 

この老夫婦は毎年日本人を受け入れて日本人の習性を熟知してるかもですね

彼が息子さんに言いたかったのは 英会話の勉強にはもっと積極的に 英語を使って 
自分の思いを伝えろ そして我々の質素な食文化を知れ ここは日本ではない 

「君は大きな勘違いをしてるよ!」 だから 
“You take a big mistake”といわれたのかもですね。 

【2009/09/26 01:00】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]

マンタ さん
確かに小学生ぐらいの子供か
同世代の美しい女性がいたら
理想だったのかもしれませんね!
【2009/09/26 09:04】 URL | イナッキー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mlg56683.blog74.fc2.com/tb.php/1091-5ffa1f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。