中年男の奮闘記
家庭のため、子供のために仕事にがんばる中年男が 今まで感じたことの無い、若い頃と違う体調の変化や 体のガタを感じながら生きていく日記
プロフィール

イナッキー

Author:イナッキー
福岡在住で食べることが好き、特にラーメン大好きです。

でも、社会派のブログを目指してます。



最近の記事



地図で探すお店情報



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



タグリスト

福岡市中央区 長崎県 福岡市博多区 福岡県南部 福岡市南区 福岡市早良区 福岡市城南区 その他 佐賀県 福岡市西区 福岡県北部 福岡市東区 大分県 熊本県 山口県 京都府 兵庫県 福岡県中央区 鹿児島県 



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



RSSフィード



ブログ検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



勝手にリンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

由布院観光へパート2
観光を終えて到着したのは御宿さくら亭!     場所はここ

s-湯布院宿外見IMG_1072
実は、最初にこの宿に行き車を預け、それからゆふいん駅まで歩き

さらに、駅から金鱗湖まで歩いて散策したのだ。

地図で見るとかなりの距離のようだが、宿から駅まで15分位で丁度良いお散歩だった。


s-湯布院宿ロビーIMG_1101
やはり湯布院は、行くとこ行くとこお洒落に作ってある。

掃き清められた玄関に向かうと、その手前には小さな小川があり

きれいな水が流れている。

さらに、ロビーには暖炉が有り、まさしく非日常空間を感じさせる。

s-湯布院宿部屋外見IMG_1065
客室は、一部屋一部屋が離れになっていて、全部で8部屋だけのこじんまりした宿だ。

s-湯布院宿内風呂IMG_1063
離れの客室は、全てにこのような露天の内湯が付いている。

源泉が熱いので、このような露天風呂でも、外気で冷やされて丁度良い湯加減だ。

s-湯布院宿外風呂IMG_1099
他にも、貸切が出来る大きめなお風呂が二つ用意されている。

流石に温泉は良いね!体の芯から温まり、お肌もスベスベだ。

s-湯布院宿部屋IMG_1064部屋も離れになっているので、非常に落ち着く!

ここで、想定外の事が起こった。

それは、日が沈むと同時にジワリジワリと冷気が忍び寄ってきたのだ。

昼間は、晴天で日焼けするような温かさだったのに、半袖の腕に鳥肌が立っている。

標高1584mの由布岳からの冷気はただ者じゃないようだ。

s-湯布院宿夕食IMG_1081
s-湯布院宿夕食マツタケIMG_1087
夕食はフロント近くの区切られた個室に用意されていた。

次から次に出てくる料理に、お酒を飲む暇も無いくらいだ。

上の写真はマツタケ!!!何十年ぶりかに食べた!

子供の頃は、秋になると父の晩酌のあてとして出ていたので

私も、子供ながらにマツタケの味と香りを楽しんだものだ。

それ以来のマツタケの味と香りに遠い昔の記憶が呼び戻された。





そして翌日!

s-湯布院宿朝食IMG_1108
たらふく朝食を食べて湯煙の街を後にした。

s-湯布院湯煙IMG_1118
残念だったのは、朝霧が見れなかった事だ。

条件が整えば、由布院の盆地を白い朝霧が満たし、朝日を浴びた由布岳が

真っ赤になり、白と赤のコントラストは最高だそうである。

s-湯布院土産IMG_1133
最後に色々とお土産を買ったが、このヒノキで出来たおちょこ@315円は良かった。

これにお酒を注ぐと、どんな安い酒でもたちまちヒノキの香りに包まれた

高級感あふれる、樽酒に変身する。










中年男の奮闘記・福岡市東、博多、中央、南区の中華
中年男の奮闘記・福岡市西、早良、城南区の中華
中年男の奮闘記・福岡市以外の中華
中年男の奮闘記・長崎の中華編
中年男の奮闘記・うどんそば編
中年男の奮闘記・洋食編
中年男の奮闘記・和食編
中年男の奮闘記・未分類



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

最高に良いお宿じゃないですか。
牧の暖炉なんて滅多にお目にかかれませんが・・・当日は、牧を焚く事はなかったのですか?
温泉につかって、美味しいマツタケ食べて、焼酎飲んで?
いやぁ、何とも羨ましい。
私、マツタケと言ったら、即座にこう答えます。

「永谷園松茸の味お吸い物」(^^;

湯布院はこれからますます寒くなりますが、温泉地なので良いシーズンを迎えるとも言えるでしょうね。

【2009/10/09 15:01】 URL | 福メン #6facQlv. [ 編集]

Re: タイトルなし
その日は牧を焚くことは無かったですね。
暖炉をつけると、ホンワリとした春のような暖かさになるそうです。
これで、一人14850円です。
旅行は、明日への活力剤ですね。


【2009/10/09 16:22】 URL | イナッキー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mlg56683.blog74.fc2.com/tb.php/1105-0b374689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。