中年男の奮闘記
家庭のため、子供のために仕事にがんばる中年男が 今まで感じたことの無い、若い頃と違う体調の変化や 体のガタを感じながら生きていく日記
プロフィール

イナッキー

Author:イナッキー
福岡在住で食べることが好き、特にラーメン大好きです。

でも、社会派のブログを目指してます。



最近の記事



地図で探すお店情報



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



タグリスト

福岡市中央区 長崎県 福岡市博多区 福岡県南部 福岡市南区 福岡市早良区 福岡市城南区 その他 佐賀県 福岡市西区 福岡県北部 福岡市東区 大分県 熊本県 山口県 京都府 兵庫県 福岡県中央区 鹿児島県 



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



RSSフィード



ブログ検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



勝手にリンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萩・津和野バスツワー
先日の土曜日、妻と二人で萩・津和野バスツワーへ行って来た。

s-萩・津和野出発IMG_1830

阪急交通社が企画したもので、博多駅を朝の7時20分に出発し、夜の8時半に到着する。

超弾丸日帰りツワー@6980円だ。

名付けて 萩・津和野超てんこ盛り日帰りスペシャルだ。

朝昼晩の三食付きで、昼食の蕎麦は食べ放題だ。

更に、りんご、りんごジュース、りんごパイの食べ放題と、15品目のお土産付き。

出発すると、直ぐに出された朝食は、メロンパンとオレンジジュース。



s-萩・津和野長門2IMG_1875

先ず到着したのは、長門峡!           場所はここ

紅葉がなかなか美しいね!

s-萩・津和野長門IMG_1861

ただ、散策時間が30分!集合時間 に間に合う為には、15分進むと戻らなければならない。

右手に川、左手に山があり、まだ紅葉真っ盛りとまでは行かないが、所々のもみじが美しい。

昨日からの大雨で、右手の川は轟々と音を立てて流れているのは

紅葉を楽しむ雰囲気とは程遠い。

行けども行けども、同じような景色が延々と続くばかりで、15分の時間が過ぎてしまった。

s-萩・津和野昼食IMG_1884

さあ、お楽しみのお昼ご飯は、マツタケご飯と石州そばの食べ放題だ。

場所は島根県津和野の鴎外村ふる里で、隣には森鴎外旧居がある。

s-萩・津和野昼食2IMG_1888

食べ放題の石州そばは、ザル蕎麦のようにタレにつけるのではなく

タレをぶっかけて食べるのだ。

食べ放題という事で、張り切ったが早々食べれる物ではない。2杯でギブアップだった。

s-萩・津和野津和野IMG_1902

そして津和野の殿町通りは、武家屋敷がそのまま残り、道の両側の掘割には

巨大な鯉が泳ぎまわり、小京都と言われている。   場所はここ

ただ、折角の情緒ある通りに車が走るのだ。

この殿町通りを、観光客が集中する土日には歩行者天国にしたら

もっとそれらしい情緒を味わえたのに、残念だ。

s-萩・津和野津和野りんご外見IMG_1957

次は、山口県に戻って阿東町のマルホリンゴ園で、

リンゴ、リンゴジュース、アップルパイの食べ放題だ。

s-萩・津和野津和野りんご試食IMG_1937

木になってるリンゴを、もぎ取って食べるのかと思いきや

チャンと皮までむいたリンゴが用意されていた。

ここのアップルパイは、最高に美味しかった。

s-萩・津和野津和野りんごIMG_1941

s-萩・津和野津和野りんご2IMG_1949

九州の人間は、リンゴが木になってるのを見ると感動するのではなかろうか?

私も、 「おぉ!リンゴってこんな風になってるのか!」 と感動を覚えた。

s-萩・津和野津和野萩2IMG_1995

最後は萩観光!

萩の城下町、萩の窯元、吉田松陰神社の三つのコースから、我々は城下町散策を選んだ。

s-萩・津和野津和野萩IMG_1980

タイムスリップしたような町並みが続き、それなりの情緒を感じる。

幕末に活躍した歴史に残る騎士達の屋敷が並ぶ。

s-萩・津和野津和野帰りIMG_2001

帰りのバスの中は、お土産にもらった竹輪で、ビールと日本酒を飲みながら帰福したのだった。

朝の5時に起きて、帰り着いたのが10時近く!

長い一日で疲れたけれど、楽しい一日だった。






中年男の奮闘記・福岡市東、博多、中央、南区の中華
中年男の奮闘記・福岡市西、早良、城南区の中華
中年男の奮闘記・福岡市以外の中華
中年男の奮闘記・長崎の中華編
中年男の奮闘記・うどんそば編
中年男の奮闘記・洋食編
中年男の奮闘記・和食編
中年男の奮闘記・未分類



スポンサーサイト

この記事に対するコメント
運転しなくてもよい時。
寝ようが飲もうが自由なところが、バスツアーのよいところですね。
私も京都に住んでいた頃、紅葉を見に友人達とバスツアーで周ったことがあります。
行きなれない場所なども連れて行ってもらえて楽しかったです^^

りんごですが、嘉穂のほうにすばらしくおいしいりんごがなるところがあります。
確かりんご狩りもあっていたような。
これからの季節は、うちは佐世保のみかんですがw。
【2009/11/16 18:33】 URL | まりあんぬ #Yxc6cn26 [ 編集]

まりあんぬさん
確かに飲めるのは最高ですね。
ただ、観光バスにはトイレが付いてないので
ビールのがぶ飲みは控えた方が良いですね。

調べたら、リンゴは九州でも結構有るみたいですね。
「九州の人間は、リンゴが木になってるのを見ると感動する」
なんて書いてほんの少しだけ反省してます。
【2009/11/17 09:23】 URL | イナッキー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mlg56683.blog74.fc2.com/tb.php/1146-5ec1d4a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。