中年男の奮闘記
家庭のため、子供のために仕事にがんばる中年男が 今まで感じたことの無い、若い頃と違う体調の変化や 体のガタを感じながら生きていく日記
プロフィール

イナッキー

Author:イナッキー
福岡在住で食べることが好き、特にラーメン大好きです。

でも、社会派のブログを目指してます。



最近の記事



地図で探すお店情報



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



タグリスト

福岡市中央区 長崎県 福岡市博多区 福岡県南部 福岡市南区 福岡市早良区 福岡市城南区 その他 佐賀県 福岡市西区 福岡県北部 福岡市東区 大分県 熊本県 山口県 京都府 兵庫県 福岡県中央区 鹿児島県 



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



RSSフィード



ブログ検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



勝手にリンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多麺屋ゆずへ
博多麺屋ゆずに行って来た。     場所はここ    年中無休

s-ゆず外見IMG_5770

ご覧のように一蘭日赤通り店の隣で、24時間営業だ!



s-ゆずメニュー4IMG_5772

表の看板には、坦々麺と書いてあるが、メニューでは拉担麺となっている。

セットメニューも3種類ある。

入口の券売機で購入したのは、拉担麺@480円と替玉@100円!

客席は、L字型のカウンターのみで、店員の方が端から詰めて座るように

(一つ席を空けて座らないように)案内している。

ほ~、客の案内し方まで教育されてるな。

どこか大手のチェーン店なのかな?
 
s-ゆず能書きIMG_5774

さて、カウンターに座ると説明書が目に付いた。

あ、やっぱり九州以外のチェーン店なのかな?

『固麺の方は「カタ」と伝えてください』 と書かなくても、こちらの人はカタと言うだろう!

s-ゆず卓上IMG_5775

ふむふむ、説明書にあった自家製ラー油と自家製辛味噌とはこれか!

s-ゆずIMG_5777

おぉ、肉までのって@480円とはリーズナブルだな!

普通のラーメンでさえ500円オーバーなのに!

s-ゆず2IMG_5779

麺は、やや細めのストレート!

ツルツルとした食感で好きな麺だ!

スープは、先ずゴマの香りが鼻に抜ける。

辛さは、あまり感じない。どちらかと言うと旨みの方を強く感じる。

この味は、誰が食べても美味しいと感じるだろうな。

また、辛さに弱い人でも大丈夫そうだ!

s-ゆず替玉IMG_5781

s-ゆず替玉2IMG_5780

能書き通り、替玉に辛味噌を投入してみた。

確かに、旨みとコクが増したようだ。

500円を切る坦々麺として、一心軒とここの選択肢が増えたのは嬉しい事だ。







九州食べ歩き 人気ランキングに参加しました。
よろしければクリックお願いします。
九州のグルメブログが多数掲載されてます。
   ↓   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 
にほんブログ村 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

新店の割にはリーズナブルですね。
となりのお店と比べてしまいます。
今度、行ってみようっと!
【2010/06/18 07:32】 URL | カズ #- [ 編集]

カズさん
是非、感想をUPして下さい。
辛味が今一だったような気がしてます。
【2010/06/18 09:25】 URL | イナッキー #- [ 編集]


24時間営業とは凄い!
一心軒よりも近いし、行って見よ!
【2010/06/18 18:53】 URL | メタおやじ #- [ 編集]

メタおやじさん
ホント、24時間営業、年中無休ですから凄いですよ。
是非、レポートお待ちしてます。
【2010/06/19 08:57】 URL | イナッキー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mlg56683.blog74.fc2.com/tb.php/1360-77b9c744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。