FC2ブログ
中年男の奮闘記
家庭のため、子供のために仕事にがんばる中年男が 今まで感じたことの無い、若い頃と違う体調の変化や 体のガタを感じながら生きていく日記
プロフィール

イナッキー

Author:イナッキー
福岡在住で食べることが好き、特にラーメン大好きです。

でも、社会派のブログを目指してます。



最近の記事



地図で探すお店情報



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



タグリスト

福岡市中央区 長崎県 福岡市博多区 福岡県南部 福岡市南区 福岡市早良区 福岡市城南区 その他 佐賀県 福岡市西区 福岡県北部 福岡市東区 大分県 熊本県 山口県 京都府 兵庫県 福岡県中央区 鹿児島県 



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



RSSフィード



ブログ検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



勝手にリンク

このブログをリンクに追加する



Ra・ccolto (ラ・コルト)へ
いつもの土曜日のウォーキング!油山観光道路からけやき通りを通り、天神に向かう。

けやき通り

今日は途中でのどが渇いて、冷たいものでも食べたいと思い

 ”ラ・コルト” と言う、ジェラートのお店に寄った。   場所はここ



コルト外見

けやき通りの、ケンタッキーフライドチキン(略して、ケンタのふらちん)よりも護国神社側に有る。

コルト店内

ショウケースには、10種類のジェラートが並んでる。

左側には、イスとテーブルが有り、店内でも食べる事が出来る。

コルト

私は、焼きりんご@350円を注文!

『カップにしますか?コーンにしますか?』 コーンの方が写真写りが良いなと思い、コーンを注文。

なかなか、美味しいジェラートだった。   詳しくはこちら

紺屋

その後、紺屋町通りを歩きながら

浜田省吾の もう一つの土曜日 の歌詞を思い出した。

紺屋町に出よう 友達に借りたオンボロ車で海まで走ろう
この週末の夜は 俺にくれないか たとえ最初で最後の夜でも


多分、浜田省吾が大名を歩いて、紺屋町通りの賑わいが強く印象に残り、歌ったのではなかろうか?




スポンサーサイト




この記事に対するコメント
ジェラート
こんばんは。
ラ・コルト、パオーンで紹介されてましたね。
カップみたいなコーンが印象的です。
♪紺屋町に出よう♪ 爆笑しました^^
【2008/10/25 21:17】 URL | おふる #- [ 編集]

省吾さん・・・
紺屋町を歩いていたなんて(爆)。
昨年久しぶりにライブに行ったんですよ^^
その時も歌ってくれましたけど、「紺屋町ネタ」は披露されませんでしたww。
されてもびっくりですけど!

ずいぶんと涼しくなりました。お身体ご自愛くださいね。
【2008/10/26 01:06】 URL | まりあんぬ #Yxc6cn26 [ 編集]


おふるさん
社長の椅子で紹介されて気になってたんです。
ここの社長の格言は心に残ってます。
『人生は死ぬまでの暇つぶし』 だったかな!

♪紺屋町に出よう♪、うけて頂きましたか!
パオーンの日本語で歌ってますを意識して書きました。
【2008/10/26 09:47】 URL | イナッキー #- [ 編集]


まりあんぬさん
ライブに行かれたんですか?
すみません!浜省のイメージ滅茶苦茶にしてしまいまして。
でも、我ながら上手い事言うなと感心しています。
【2008/10/26 09:54】 URL | イナッキー #- [ 編集]

いえいえ^^
大丈夫ですよぉwv-290
18歳の夏に海ノ中道の野外に参加して(スイマセン マニアックでw)からのファンですのでもう20ン年来の追っかけです^^
紺屋町。受けました^^爆笑ですヽ(´▽`)/
【2008/10/26 11:31】 URL | まりあんぬ #Yxc6cn26 [ 編集]


>『人生は死ぬまでの暇つぶし』 

ということを
を格言にしてる 真意を知りたい。

壁にぶつかり もがき苦しみ 何かと人間関係に疲れ果てた 弱音を吐いた
人生の末路を カッコ良く見せようとする 見栄に感じてしょうがない。

それとも 人生とはなんぞやという
深い意味合いがあると かっこよく見せかけているのかな

弱い心の持ち主なのか 或いは 今までの自分のばかばかしい
人生の生き様を否定したいのだろうか 

非常に興味を持ったしだいです。

人生の岐路に立った 俺たちも この世で生を受け 
て この世で学ばなければ ならなかったことは
なんだったのか としみじみ考えれば

>『人生は死ぬまでの暇つぶし』 
では 自分に置き換えれば

余りにも 自分の生きてきた
ことが 惨めだ!

【2008/10/27 16:58】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


マンタさん
おやおや、何か荒れてますね!
私はこの格言は気に入っていて
これを聞いた時、肩の力が抜けたようでした。
歴史に名を残す人物なら、この格言は当てはまらないでしょうが
太平洋の中の一匹の小魚のような私にとっては
死んでも45日で忘れ去られるのですから
暇つぶしと思えば、気が楽です。
【2008/10/28 09:56】 URL | イナッキー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mlg56683.blog74.fc2.com/tb.php/753-779cb45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)